パスワードを忘れた? アカウント作成
12646465 story
地球

KDDIが国際通話定額サービス「au国際通話定額」を発表 22

ストーリー by headless
定額 部門より
KDDIと沖縄セルラーは7日、15分以内の国際通話を月50回まで定額料金で利用できる「au国際通話定額」サービスを発表した(ニュースリリース別紙)。

対象となるのは国内通話定額プラン「カケホ」または「スーパーカケホ」に加入している4G LTEスマートフォンおよび4G LTEフィーチャーフォンのユーザー。データ定額5/8/10/13加入ユーザーは月額980円(免税、以下同様)、データ定額2/3加入ユーザーは月額1,480円で利用できる。1回の通話が15分を超えた場合、超過分の通話料金は30秒あたり20円。また、51回目以降の通話では15分まで300円、15分以降は30秒あたり20円の通話料金がかかる。

サービス提供開始は3月で、2月10日から申し込み可能となる。サービス開始時点ではアジア10地域(インド、タイ、韓国、台湾、マカオを除く中国、ネパール、フィリピン、ベトナム、香港、マレーシア)、北米・南米5地域(アラスカを除く米国、カナダ、ブラジル、ペルー、メキシコ)、オセアニア2地域(グアム、ハワイ)、欧州6地域(イギリス、オーストリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデン)の計23地域が定額対象になる。

別紙にau国際電話サービスの対象地域への通話料が記載されているが、30秒あたり20円~95円と幅がある。英国の相手とau国際電話サービスで15分通話すると1,950円なので、回数が少なくても1回の通話時間が長ければ通話料金を減らすことができる。一方、短時間の通話が月に50回を超える場合はかえって通話料金が増える可能性もある。たとえば、米国の相手と1分間の通話を月に60回する場合、au国際電話サービスでは合計2,400円、国際通話定額では回数超過分だけで3,000円かかる。格安国際電話サービスを利用すると、さらに差が大きくなるだろう。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2016年01月10日 11時47分 (#2947131)

    自宅にネット回線引いてればSkype使えばすむ話なんで、
    「自宅にネット」がない層(というより、日本国内に「自宅」がない)向け、
    で海外に頻繁に通話したい層、って
    海外からの日本国内旅行者向け、くらいしかおもいつかないんだけど、

    他になにかありますかね?

    • by headless (41064) on 2016年01月11日 12時25分 (#2947477)
      海外からの旅行者はauの携帯電話サービスを契約して国内音声通話定額プラン+データ定額+国際通話定額に加入しないでしょう。そもそも契約に必要な書類 [kddi.com]が用意できないし。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      うちはそろそろ自宅のインターネット回線止めようかと思ってるんですけど(スマホで充分なので)、
      知り合いがアメリカに居たりして、電話をかける機会は結構あります。
      ので、そういう場合これは魅力的だなと思いますよ。

    • by Anonymous Coward

      別に、駅前などの人が集まるスポットに
      無料の公衆Wifiがあれば、こういうサービスは不要でしょう。

      海外に旅行に行って、現地で電話使うのに
      新しくスマホを買って、2年契約しろ、って言われて
      大人しく金払う人いますか?

    • by Anonymous Coward

      ニュースリリースまんまですが、日本に100万人以上いるとされる在日外国人が主要ターゲットです。
      Skypeより優れるとする点は、音質と使い易さだそうです。

      • by Anonymous Coward

        海外と取引ある中小企業の経営者も喜びそう

        音声通話の話がでると「IP電話」、「Skype」や「LINE」がと言う人が必ずいるけど
        汎用性や利便性(バッテリーの持ちやら環境やら様々なもの)を考えると
        それらで代替できる人の方が少ないと思うのですがどうなんでしょう

        • by Anonymous Coward

          日常生活でさえわざわざ電話するケースが減ってるからなぁ
          移動中や外出先でまで海外の人と話したい人って、ごく一部のビジネスユースくらいなんじゃないの

          多いか少ないかで言えば、圧倒的多数の人はそもそも海外に電話をかける用事がなさそうだし、
          用事があっても汎用性や利便性まで求めてない場合のほうが多いような気がする。
          まぁそう思うだけなんで、実際のところはどうなんでしょう。

        • by Anonymous Coward

          海外の中小企業の日本支社で働いたことあるけど、普通にSkypeだったよ。
          やりとりの多くはE-mail。必要な時だけSkype。

          なにしろ時差ってもんがあるからな。リアルタイム通信するにはお互いの生活時間帯を
          考慮して特定の時間(日本時間で夕方6時以降とか)に限定する必要があって、電話は不便な
          側面の方が多い。普段はE-mailでやりとりして、どうしてもリアルタイムで会話する必要が
          ある時だけ事前に決めておいた時間帯にSkypeで通話する。それで十分。
          #夏時間を意識したのって、あの時くらいだ。

          そもそも最近は長距離「電話(音声通信)」を使う必要ってかなり減ってると思うなあ。

          • by Anonymous Coward

            海外企業の日本支社で働いたことありますが、普通に電話でした。
            自社のオフィスならまだしも、クライアント先だとSkypeは使えないことが多いのではないでしょうか。
            どちらかが移動中の場合もありますし、携帯電話が一番使いやすかったです。
            E-mailは意思決定するにはタイムラグがかかりすぎます。

      • by Anonymous Coward

        日本に在日外国人が100万人と言っても、
        大半が生活拠点が日本にある、在日韓国人・朝鮮人と中国人でしょ?

        どこまで市場があるのか、ちょっと怪しい気がします。

        • by Anonymous Coward

          大半って普通9割もないニュアンスやろ?
          つまり1割以上はそうでないってことやろ?

          パターンにハマれば得って程度のプランだし、新規投資も大したことない気がするし、
          契約増やす後押しにでもなれば十分なんじゃね。

  • by Anonymous Coward on 2016年01月10日 12時57分 (#2947148)

    「15分以内の国際通話を月50回まで定額料金で利用できる」

    …これを「au国際通話定額」サービスと言われても、騙す気ありとしか思えないわ

    • by Anonymous Coward on 2016年01月10日 14時16分 (#2947173)

      きっとこの定額というのは、料金の上限ではなく、下限を表しているんですよ。
      全く使用しなくても最低限これだけ払ってもらいますよ、と。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      これが定額なら、電気ガス水道も定額ですよね

    • by Anonymous Coward

      同意。毎回通話料気にせずに、毎月上限が固定されているサービスかと思ったよ。

    • by Anonymous Coward

      「定額10円!何度でも使える!使い放題!」

      って公衆電話に貼っておけば、利用拡大につながる可能性が。

    • by Anonymous Coward

      消費者庁案件ですよね完全に

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...