パスワードを忘れた? アカウント作成
12719648 story
医療

福島の甲状腺癌発生率上昇は過剰な検査体制が原因という説 147

ストーリー by hylom
うすうすと皆感じていた話 部門より
yyok 曰く、

以前「福島の子供の甲状腺がん、全国平均の数十倍?」という話があったが、Scienceがこの問題について「Mystery cancers are cropping up in children in aftermath of Fukushima」という記事で取り上げている。それによると、福島県での「甲状腺がんの増加」は放射線が原因ではないという論文が発表されているという(BusinessNewsline)。また、Science-Based Medicineでも「There is almost certainly no “thyroid cancer epidemic” in Fukushima」(福島で「甲状腺がんの異常発生」はほぼ確実に発生していない)としていくつかの論文を紹介している。

Scienceの記事によると、韓国では1999年以降に甲状腺癌の大規模検査が行われるようになった結果、2011年には1993年に比べて甲状腺癌の発生率は15倍になったという。しかし甲状腺癌による死亡者数は目立った変化がないということで、甲状腺癌の発生率が上がったのは単に検査数が増えたためという可能性を指摘している。また、Sience-Based Medicindeでは調査方法に問題がある点が指摘されている。

タレコミ子としては福島の子供の間では甲状腺癌の発生率が他より高いと言われても、そもそも何と何を比べて高いと言ってるのか分からないという素朴な疑問がある。福島以外では自覚症状がある人のみを対象、福島では全員を対象に検査が行われており、前提条件が違うものを比べてどうしようというのだろうか。条件を揃えるなら福島以外でも全員強制検査を実施するか、福島では検査前になんらかの自覚症状があるか尋ねる、のどちらかをすべきと思う。自覚症状有無と甲状腺癌発見有無を組み合わせるだけでも福島以外の条件に近づけられると思うのだが。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 17時17分 (#2981863)

    疫学的に見れば、韓国での事例を見る限り、甲状腺がん検査にほとんど意味がないことはよく分かっている。

    ただ、福島県立医科大学附属病院の小児甲状腺がんの手術の適応症例の報告書 [fukushima.lg.jp]を読むと、二次検査で「悪性ないし悪性疑い」とされて同病院で手術を行った97名の内、38名(39%)が軽度甲状腺外浸潤、72名(74%)がリンパ節に転移している。
    33例が10mm以下であったことを考えると、結構な割合だと思う。

    報告書で触れられているように、

    しかし、リンパ節転移や軽度甲状腺外浸潤などが、術前には明らかではなく、術後(切除後)の病理診断で初めて認められた場合は、これらの所見は、生命予後とは関連しないと言われている。従ってこれらの所見があるからといって全てが予後不良であるわけではない

    というのが、小児の甲状腺がんの科学的な見解なのだと思う。
    一方で、小児の甲状腺がんの症例は少なく、

    切除しなかった場合でも予後が良いかは不明であり、切除しなくてもよいという根拠にはならない。

    というのも、現時点での科学的な見解。

    色々考えると、
    「福島以外でも全員強制検査を実施する」のは、社会的に見て無駄が多い。
    「福島では検査前になんらかの自覚症状があるか尋ねる」のは、症例が少なすぎて科学的に誰も保証できない。
    結局、「福嶋では全員に検査をして、見つかった子供には手術をする。ただし、原発事故の影響はない。」という現状維持で良いのではないかと思う。

    • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 21時26分 (#2982008)

      > 「福島以外でも全員強制検査を実施する」のは、社会的に見て無駄が多い。

      タレコミでも触れられてますが、条件を揃えて比較しないと意味がないので、
      (もしかしたら不要な検査かもしれないのに)福島だという理由だけで行っている検査かどうかを確定させるという有益な目的のために
      どこか福島以外の地域で一時的に全員強制検査を実施すべきではないかと思います。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2016年03月17日 2時35分 (#2982096)

        「理想的には福島以外と比較すべきだった」というのはその通りだと思いますが、
        「どこか福島以外の地域で」というのには全く賛成できません。

        甲状腺癌に関わらず、胃癌でも白血病でも何でも、都道府県による地域差というのは、
        一般人が考えているより遥かに大きいです。
        西日本は白血病や肝細胞癌が多く、北日本は肺癌や胃癌が多く、相対リスクで2倍くらいの差はザラです。
        (被曝を避けるために沖縄に逃げて白血病リスクが倍に増えるというのも皮肉な話ですが)
        http://todo-ran.com/t/kiji/13739 [todo-ran.com]

        なので適当な都道府県で比較するのでは別の環境要因にほぼ確実に紛れ、何も分かりません。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2016年03月17日 2時22分 (#2982092)

      だいたい賛成なのですが、「韓国での事例を見てそう判断する」というのには違和感があります。

      私としては「こんなことは昔から医学的には常識であるにも関わらず、21世紀なのに
      韓国が国際的に見て極めてバカなことをやった」という認識です。
      (んで、そういった経験も知識も活かさずに福島でだけ全数調査をしている日本も同じくらいバカです)

      昔は日本でも甲状腺癌検診に積極的だった時代があったのですが、どう考えても害の方が大きいということで、
      ストップして久しいです。EBMだの何だの言われ始める前の昭和の医者ですら流石に無意味だと気づいていましたし、
      医学生向けの教科書とかにも、甲状腺癌の予後の良さと検診の無意味さは、特徴として真っ先に書かれるレベルです。

      まあ韓国のドック甲状腺検診ブームと福島の全数調査は、どちらにも「検診で超音波当ててるだけの医者は手軽に儲かる」
      という事情があるため、当事者たちが堂々と「止めるべき!」とはなかなか言えないわけですが。

      ちなみに私の甲状腺にも数mm大の結節が数個あるのですが、もちろん放置してます。たまに思い出してエコー当ててますけど、数年くらいじゃ全然大きくなりませんね。

      親コメント
    • 韓国の15倍と福島の数十倍を同じと思うのは無理だろ。
      それとも数十倍は20倍なのか?

      --
      the.ACount
      親コメント
    • Re: (スコア:0, 荒らし)

      by Anonymous Coward

      原発事故の影響がないと困るんですよ・・・・・

    • by Anonymous Coward

      > 「福嶋では全員に検査をして、見つかった子供には手術をする。
      ただ、それで手術からずっと切除された個所(甲状腺か)の働きを補う薬を飲み続けなきゃいけないとか大変そう……ってのがこれまで指摘された問題点の中にあったような。

  • 「全国どこも同じです」「なんなら全世界的に同じです」
    という検査結果の雨を降らせて黙らせたい。

  • 条件を同じにする (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2016年03月16日 16時49分 (#2981841)

    自覚症状は意味が無い。
    今までは本当に何かあるときを自覚症状とするだろうけど、
    事故以降は何もなくてもなんか調子が悪いという率が増えるだろう(心因性も含む)。

    要は全数検査をやればいいのだけど、
    それも安直には出来ない。
    福島では健康調査のため、悪く言えば検体として全数検査が出来たのであって、
    いつでもどこでも出来るわけではない。
    もしもやったとして、日本の何処かなら事故の影響を100%除外できたといえるか。

    ので、誰もが納得する結果というのは得ようがない。終了。

    • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 18時02分 (#2981885)

      甲状腺がんは男女比で差があります。
      一般的には、男:女で、1:4から1:3くらい。

      福島の2008年の年齢別、男女別での甲状腺がん罹患数は、未成年者の数はゼロなので男女比は出ませんが、全年齢合計でみると31:93で、だいたい一般的な1:3くらいです。

      ところが2012~2014年の小児喉頭がん罹患者数は、44:83です。
      福島の子供だけ、男女比が1:2になってます。

      福島の未成年男子が全国と比べて甲状腺がんになりやすい理由って何でしょうか?

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 18時21分 (#2981893)

        >甲状腺がん罹患数は、(中略)全年齢合計でみると31:93
        >小児喉頭がん罹患者数は、44:83

        ????

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        まずは福島以外の地域の小児喉頭がん罹患者数が地域差なく1:3になっていることを示してください。

        ってのがタレコミにも書いてある「何と比較しているの?」ってところなんだけどね。

    • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 18時43分 (#2981909)

      全国で検査を実施して地域差は無いと言う結果が出たら、「汚染は全国に広がっている」と言うネタとして扱われるだろうな。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      無作為抽出なら全数じゃなくてもいいでしょ。

      • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 19時09分 (#2981922)

        これ。他の地域の子供を対象にランダムサンプリングで検査すればいいんだよ。
        もやもやしたままにするより、政治的にもずっといいし、
        本当に福島の子供の罹患率が上昇している可能性だってあるんだから、きちんと追求してほしい。

        税金を使って追求する価値があるよ。

        親コメント
        • Re:条件を同じにする (スコア:4, すばらしい洞察)

          by Rene (46593) on 2016年03月16日 19時50分 (#2981953) 日記

          検査ってのはメリットがデメリットを上回れば行う意味もあるんだけど、甲状腺ガンに関してはデメリットがメリットを上回っているんですよね。
          他のコメントにもあるように、甲状腺ガンは結構おとなしいガンだけど、そもそも子供にガンがあると知って放っておける親もあまりいないでしょう。
          そうすると外科手術等を行うことになるんですが、そのことによって子供のQOLが低下する [koujyousengan.jp]恐れがある。
          要は、本来必要もない手術によるQOLの低下というデメリットが、甲状腺がんの発見というメリットよりも大きすぎるってことです。
          福島の場合は、原発事故の影響調査ってこともあって実施されていますが、他県で実施するのは検査のための検査でしかないと思います。

          親コメント
          • Re:条件を同じにする (スコア:4, すばらしい洞察)

            by Anonymous Coward on 2016年03月16日 21時16分 (#2981997)

            甲状腺癌の検査が無意味なら、初めから福島の子供に対して検査すべきではなかった。
            しかし、この調査をしなければ、原発事故の影響を隠そうとしていると批判されただろう。だから調査は必要だった。

            その上で、調査だけしておいて、増加していることが判明したら結果には意味がないという主張はおかしい。
            調査の結果として、原発事故の影響があったという客観的な疑いが強まったのだから、疑いを晴らすためには
            対照群について調査するのが今回の場合の唯一の方法であるはずだ。
            一般論として、ある調査の結果、望ましくない結果が出たからと言って、後付けで調査が無意味だなどと主張するのはまともな反論ではない。

            こんなことは、原発問題以外の話なら誰だって同意するだろうに。
            原発問題に関しては、擁護派も反対派もちょっと理性的でないように思う。

            親コメント
            • by Anonymous Coward on 2016年03月17日 2時26分 (#2982093)

              「結果には意味がない」という意見と「対照群について調査すべき」という意見は矛盾なく両立可能でしょう。
              どーせ意味が無いけど煩い奴らをだまらせるために調査しとけ、的なスタンスの人は結構多いと思いますが。
              # 逆に、甲状腺癌の増加をセンセーショナルに捉えつつ「対照群について調査すべき」としている人はあんま見かけない気がする。

              ただそれやっても「全国各地が汚染されてる!」って騒ぐだろうバカが居るのは容易に想像できて、
              調査してもバカを完全に黙らせるほどの材料にならない(効果が薄くなる)ってのが頭の痛い所、と。

              親コメント
  • それを信じる者を「放射脳」と呼ぶ。

  • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 17時42分 (#2981871)

    そういう意見を一切無視して、異端派の津田なんとかって人を出して、甲状腺がんガー、フクシマガーって叫ぶ報道ステーション見てると何とも言えん気持ちになる。

    庶民感覚と称して無知からの差別を平気で行う古館こそが日本のトランプ。

    • by Anonymous Coward

      広告で記事の見出しを見ただけなんだけど、今週の週刊新潮にそんな話が載ってるらしい?

  •  タレコミ子だが2012年11月~2013年3月にかけて環境省が青森県、山梨県、長崎県で行った甲状腺検査の結果があることが分かったのでコメで上げておく。

     検査結果に関する日経の記事『甲状腺検査、福島は長崎などとほぼ同様の結果』 [nikkei.com]

     環境省の報道発表資料『福島県外3県における甲状腺有所見率調査結果について(お知らせ)』 [env.go.jp]

     タレコミ子は医学知識はそれほど無いので詳細な論評は避ける。結果の概要だけ拾っておくと福島県が行った県民健康管理調査の甲状腺検査において、20.0mm以下の小さなのう胞が認められたのが約40%らしい。上記発表資料によると青森、山梨、長崎の結果では56.9%にのう胞が認められたらしい。

     ただしこの調査は超音波検査で行われたスクリーニング検査であり、甲状腺癌有無を問えるものでは無いということを明記しておく。発見されたのう胞のうち癌化しているものがどのくらいかというのは、また別の話ということだ。

  • by Anonymous Coward on 2016年03月16日 17時04分 (#2981852)

    が、チェルノブイリ事故後の子供の甲状腺癌患者急増を受けてのことで、
    これは「事故後に除染してない草を食べた牛の乳を飲んでたから」と言われてる
    だから全量放射線検査が行われてる現状ではそもそも調べる意味がない、という説

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...