パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

健康的な生活で遺伝子発現が変化する」記事へのコメント

  • by poundcake (11852) on 2008年06月19日 2時33分 (#1366378) 日記
    ステロイドホルモンの作用機序 [wikipedia.org]みたく、遺伝子の発現を調節することはホメオスタシスの重要な機構でありますが、この記事にいう遺伝子発現の変化ってそういうのとは違うんですか?
    • by Anonymous Coward on 2008年06月19日 5時45分 (#1366408)
      前立腺癌のリスクとして明らかな証拠があるものの1つに高脂肪食というのがあり、ヒト前立腺癌を植えた同じマウスでも
      片方に高脂肪食の食事を与えることで、癌の増殖速度が異なることが分かっています。
      また、脂肪の代謝に関わる遺伝子多型がヒトにおける前立腺癌の増殖伸展に差があるという論文があります。
      よって、ヒトにおいても食事無い様が変化する事で、癌の伸展増殖は恐らく変化すると考えられ、それは遺伝子レベルで引き起こされているといえるでしょう。

      ステロイドホルモンが前立腺癌の抑制に効果があるのは、ホメオスタシス云々ではなく、前立腺癌のアンドロゲン受容体等々が関連してます。
      前立腺癌の増殖、伸展のターゲットは数多くあります(アンドロゲン受容体、脂肪代謝...etc)が、その全容がわかることで前立腺癌を抑制する新しい治療薬の開発に繋がるのではないでしょうか?
      これ単体では辛いと思いますが...

      親コメント
      • by poundcake (11852) on 2008年06月19日 9時26分 (#1366468) 日記
        要するに、遺伝子発現の調節機構としては同じだということでしょうか? 時間的な性質が違えば、別の現象だと考えるのは妥当ですから、これは3ヶ月かかって起こる特別な現象なのか、もっと急性に起こる普通の調節(の積み重ね?)を見ているだけなのか、が疑問だったのですが。後者だとすると、

        これは非常に興奮すべき発見だ。しばしば人々は「すべては遺伝子のせいだ」などというからだ。しかし、たった3ヶ月間食べるものや生活を変えるだけで、人間は数百の遺伝子を変えることができる。これは、前立腺患者に限ったことではない。
        というコメントは的はずれじゃないですか?

        >ステロイドホルモンが前立腺癌の抑制に効果があるのは

        それは知りませんでした…私が知っていたのは、ステロイド系の概論でして。
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2008年06月19日 9時53分 (#1366488)
          今回の研究が全く正しいんだと、丸呑みするのは軽薄であまり擁護する立場には立ちたくないのですが、
          人の癌で、特に薬に利用されるような抗癌作用のある食べ物でもないのに、食事内容だけで、
          mRNAレベルで短期間にダイナミックに制癌作用が証明されたってのが熱い所なのだと思いますが、
          (ニュースに載ったは、アメリカ社会で万病のリスクである肥満が保険のコストを押し上げている背景もあり?)
          前立腺癌の研究レベルの話しに特に精通しているわけではないので、どの辺がスゴいのかについては、ご勘弁を。

          >「すべては遺伝子のせいだ」
          は、恐らく遺伝子の話し的に太古の昔、全ては最初の設計図で決まっている。生まれた時にもう寿命もなにも全て決まってるのだ!的な"全ては遺伝子のせいだ"を指しているのではないかと思います。

          ミクロな話しをすれば体の多くの変化は、刻一刻とDNAから読み込まれた蛋白がダイナミックにアレコレしている訳で、上に上げたような事もしてるんだーと言う発見以外には、ごく日常的な話しです。

          親コメント

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...