パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星の北極冠に純度 95 % の氷」記事へのコメント

  •  欧米では、これまでずっと極冠は、そのほとんどがドライアイス(CO2)でできていると思われてきていました(大気の主成分であるCO2が冬季に昇華してドライアイスになる、という考え)、それに対して京都大学の故宮本正太郎博士は1950年代から一貫して氷(H2O)説を唱えてきていました。その根拠は、CO2説だと南極の気温が昇華点である-76度を下回った時期に極冠が作られるはずであるが、ご自分の地上からの火星の望遠鏡観察で、その時期にははまだ形成さておらず、春が近づいたころ水蒸気が到達して初めて極冠ができると認識していたからです。 私も20歳代に肉眼で火星のスケッチをとり、この季節変化を確かめていただけに、やっと欧米人もわかったかと感慨深いものがあります。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...