パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東大助教の科研費利用について大学当局に通報してみた」記事へのコメント

  • 科研費の使い方にしろ実際こんなんに使って良いの?ってのを側で実際に見たことありますし
    国が年末にやる道路工事じゃないんだからって感じの代物もあった記憶があります
    論文の経歴自体も,きちんと調べてみると正論文じゃないとかってのも見かけます
     
    このトルコの学者さんがやましい事してないのであれば,証拠を示せばいいだけの話でしょう
    もちろん槍玉に挙げてる人も実名で訴えるべきだと私は思いますが,そうしないとフェアじゃないですし
    ただこの業界(どの業界でも同じかな)の性質故に,内部告発にしろ何にしろ自らの名前を挙げづらいってのもあると思いますが

    むしろこういうのをきちんと審査する内部告発用の機関があってくれてもいいんじゃないかなと思います
    税金が使われているわけですから,そういった審査の対象であっても良いのではと

    #############
    立場上危ないのでAC
    • Re: (スコア:4, 興味深い)

      >科研費の使い方にしろ実際こんなんに使って良いの?ってのを側で実際に見たことありますし

      間接費の場合は用途を定められていないので何に使っても問題はありません。
      事務用品とかOA用品とか、組織内の余暇用とか・・・

      >国が年末にやる道路工事じゃないんだからって感じの代物もあった記憶があります。

      「1円も残してはいけない」という規則なのでそうなりますね
      普通に使えば、数十円や数百円残るのが普通で
      「残らない=業者と癒着中」
      だと思うのですが、残してはいけないそうです。

      >むしろこういうのをきちんと審査する内部告発用の機関があってくれてもいいんじゃないかなと

      • >「1円も残してはいけない」という規則なのでそうなりますね
        素直に返す様にしろよ。

        ってかさあ、そんな零細企業でも出来る会計処理が、自称かもしれないけど有能な人材揃いの
        お役人やセンセ連には出来ないという不思議。

        不要なら返す。
        必要なら請求する。
        それをきちんとするだけで無駄金がどれだけ減ることか・・・。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2009年10月21日 11時49分 (#1657638)

          >自称かもしれないけど有能な人材揃いのお役人やセンセ連には出来ないという不思議。

          いや、返還とか繰り越しできるよ。最近はきちんと制度として作られてるし、最近は冊子でも可能だと言うことを強調してる。
          元々は国家予算が単年度ごとだったりってのを引きずって繰り越しがエライ大変だったけど、最近はだいぶましになった。
          ただ、大学の事務が凄いごねる(手続きが面倒だからとか前例がないからとか)から、面倒になってみんなあまりやらないだけ。
          まあ確かに、事務と何日(場合によっては何週間だとか)も掛け合ったあげく10-20万とかそこいらを返還/繰り越すぐらいなら、どうせいずれ実験で使う消耗品を買うわな、とは思う。
          #事務とやり合う無駄な時間を時給換算するとそっちの方が得だったりするし。
          #あと、他のコメントで言われている通り、零細企業の方がむしろやりやすい。企業もでかくなるとやりにくい点が出てくる。

          元々は、
          ・省庁の予算が余るとまずい
           国家予算の編成において使う当てのない申請をしていたら叩かれる。
           財政圧縮の流れなのに無駄な申請を(略)
           残すと次回の予算編成時に理由は関係なく減らされるしな
          ・だから省庁のお偉いさんは各部局担当者に「予算は余らせるな」と指示
          ・だから各部局担当者は大学事務に「交付した予算は使い切れ」と指示
          ・だから大学事務は教官に「予算は使い切らないと行けません」と指示
          ・だから教官は「じゃああまりはこの辺の消耗品でも買っとくか」と業者に指示
          という連鎖があったから出てきた変な歪みだけど。余らせると順繰りに上から怒られる。

          繰り越しはまだしも、複数年度分をまとめられないとか、結構しんどいんだけどね。
          値引いて1000万ぐらいの装置を買おうとして、基盤Bの予算申請時に配分を3年間で1200万、300万、300万で出したりした結果、配分が900万、200万、200万とかで来ると目も当てられない。
          何せ最初の二年分を足して1000万の装置を買うというのは許されていない(繰り越しは出来るけど、さすがに初年度予算の大部分を使わずに繰り越すのは無理)。まあ国家予算が単年度単位を基本とするんだからどうしようもないけど。
          となると性能の劣る装置を買うか、交付を取りやめるかになるけれども、さすがに交付を取りやめる研究者はいない(いや、だってその予算蹴ると研究室の運営自体が出来なくなるし。重複応募できないから他の科研費ないし)。そんなわけで、必要とするスペックからかなり落ちる装置を購入せざるを得なくなって無駄になってる所とか結構あったり。この辺は何とかならんのかなあ。

          ……まあ、現実には1000万のものを無理に二つのパーツに分けて別納入したり(本当は禁止)、無理な値引きで900万にして、でも翌年よくわからない名目の品が100万で納入されたり(当然禁止)、そういう手段で納入されちゃったりもしてるけど。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          >ってかさあ、そんな零細企業でも出来る会計処理が、自称かもしれないけど有能な人材揃いの
          >お役人やセンセ連には出来ないという不思議。

          それは零細企業だからできるんじゃないかなあ。
          大企業なら、部署内で(ほんの少し)余った年度予算をどうにかごまかしてる、ってのはありそうだけど。

        • by Anonymous Coward

          >不要なら返す。
          >必要なら請求する。

          今の制度だとどちらもできません。

        • by Anonymous Coward
          > >「1円も残してはいけない」という規則なのでそうなりますね
          > 素直に返す様にしろよ。
          >
          > ってかさあ、そんな零細企業でも出来る会計処理が、


          企業では予算が余ったら国に返しているのですか?
          あるいは毎年度1円まで使い切っているのですか?
          わからないので具体例を教えて下さい。
          それとも私が元記事を読み間違えているのでしょうか?

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...