パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

紙飛行機、9万フィート上空からの飛行に成功」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ラジコンとかの、ある程度のサイズのグライダーを作ったことがあればその安定性は知ってるだろうと思うけど、きちんと調整されてるなら舵をニュートラルにしておけば一時的に乱流にもまれても復元して滑空するよ。
    乱気流でも壊れないだけの機体強度があれば「落ちる」はありえない。

    • Re: (スコア:1, 興味深い)

      by Anonymous Coward
      どんな飛行機でも失速したり水平スピン状態に入ったらアウトです
      大型の(重量のある)ラジコン飛行機はともかく,軽量のハンドランチ・グライダーや紙飛行機なんかは突風にあおられて姿勢を崩し急な機首上げ,失速して落っこちることがあります
      • by Anonymous Coward on 2010年11月16日 6時55分 (#1859405)

        グライダーの機体特性をご存じないと見える。
        胴の長さに比べ異様に長い翼とか広い尾翼とか、全ては安定性に振られていて、それは一般的な飛行機の持つ運動性を捨てるほど。
        舵が壊れてニュートラルにならない、とかない限り、どんな状態でも復元できる。スピンも止まるし、失速しても落下中にまた揚力を取り戻してやがて水平飛行に移行する。
        さすがに地上数メートルとかの低いところでそうなれば復帰する前に地面に激突するがね。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          馬鹿じゃないのか?高度25000mで、気圧は1/32、あの翼面積じゃほとんど自由落下でしょう。
          その超高速で落下する機体が指数関数で増加する空気密度の中で落下から定常飛行に移行するの
          はそんなに簡単なことじゃない。しかもそれを目に見えない上空でやらなきゃいけないんだから
          試験飛行の数をこなすだけでなくかなりの深さのシミュレーションが必要。

          • by Anonymous Coward

            あの機体はグライダーじゃない

          • by Anonymous Coward
            グライダーって重心前のほうだから、自由落下中にある程度の気圧が得られるとこで自然と姿勢は前になるでしょ。

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...