パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ロシア、プログレス補給船を打ち上げ失敗、ソユーズ宇宙船も打ち上げ延期に」記事へのコメント

  • 帰還の失敗や準備中のロケット爆発での死亡事故はあるのだが、旧ソ連/ロシアの有人打ち上げ時の乗員死亡事故ゼロだったりする。

    有人打ち上げ時の事故はあるのだが
     アメリカは
      スペースシャトル・チャレンジャー 打ち上げの失敗 7名死亡
    に対して
     旧ソ連は
      ソユーズ18a   打ち上げ失敗、緊急分離され宇宙飛行士2人は生還
      ソユーズT-10-1 打ち上げ直前に爆発、脱出システムが作動し宇宙飛行士3人は生還
    と有人打ち上げで搭乗員の死者を出していない。

    ちなみに帰還時、搭乗員死亡事故は起きている
     ソユーズ1号 パラシュートが適切に開かなかった 1名死亡
     ソユーズ11号 窒息死 3名死亡
     スペースシャトル・コロンビア 空中分解 7名死亡
    • Re: (スコア:3, おもしろおかしい)

      Successfulしすぎというか、打ち上げ回数多すぎだろ的な、R-7ロケットシリーズの打ち上げ結果一覧。
      (1960年代後半からソユーズのコンフィグに・それまではボストークコンフィグ。)

      http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_R-7_launches [wikipedia.org]

      とはいうものの、スクールバス並みの事故率かと思ってたら、近年でもさすがに何年に1回かは失敗してるんですね。

      まあ、よしんばロケットが失敗したとしても、(プログレス無人輸送船でない)ソ

      • Re: (スコア:1, 興味深い)

        by Anonymous Coward

        いくら枯れた技術を使い続けてるとはいえ、この成功率はすごいなぁ。
        この分野って所定の能力と信頼性・コストを確保できるなら、新規のロケットより実績ある旧型って世界なんだろうね。

        ところで、アメリカも含め、なかなか新規ロケットが開発されない理由ってなんなんでしょ?

        ・実績最優先
        ・量産によるコストには勝てない
        ・有人なんて不要。ICBM転用ロケットで必要十分
        ・制御機能はともかく単純なブースターとしては技術革新がない

        • >ところで、アメリカも含め、なかなか新規ロケットが開発されない理由ってなんなんでしょ?

          巨額の費用がかかり、携帯電話の様に年3回とか、車の様に数年に一回とはなかなか行かないのでしょう。
          航空機と比べるとボーイング777の運用開始したのは1995年(Wikipediaより)、ボーイング787の運用開始が今年として、その間16年。
          この程度のペースでは開発されているかもしれません。

          米国のNASAはCOTS(商業軌道輸送サービス)を推進しており、NASA自体は開発から距離を置いています。
          注目はSpace X社のFalconシリーズ。以下のページを読むと概要が分かります。

          http://opencube.dip.jp/~hh001/content/breakup_jaxa.html [opencube.dip.jp]

          親コメント

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...