パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

放射性物質除去の新技術、1グラムのナノファイバーで1トンの汚染水を処理」記事へのコメント

  • 吸着した放射性物質の処理方法の方面で、そろそろブレークスルーが必要ですよね。

    > 安全に処分可能だという。

    結局、使用済み吸着材の取り扱い自体は「安全に」行えるという事ですよね?
    処分って、穴掘って埋めるとかドラム缶に入れて海溝に沈めるとかでしょ?
    それって・・・ずさんやん。相変わらず。

    • つってもとりあえず吸着して、一カ所に集めておかないと次の処理工程に進めないのも事実。
      まぁ次の工程つっても穴掘って埋める以外の方法が見つかるのが早いか、人間が滅ぶのが早いかは
      どちらが早いかわかりませんが。

      放射性セシウムやヨウ素などなどを効率よく半減期より早く分解してくれる微生物でも見つからない限り、
      技術やコスト的に、穴掘って埋めるか海に沈めるくらいしか方法がないんだからしょうがない。

      #いくら金かかってもよいなら太陽にでもロケットで打ち込めばいいんだけど。
      • by Anonymous Coward on 2011年11月05日 16時46分 (#2045543)

        > 放射性セシウムやヨウ素などなどを効率よく半減期より早く分解してくれる微生物

        言いたかないけど、ゆとり教育ここに極まれりという感じ。

        親コメント
        • G細胞 [wikipedia.org]
          日本においては原子力事故の際にその処理に使用するANEB(抗核エネルギーバクテリア)を製造しようと目論んでいた。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          > ゆとり教育

          いやいや.中性子をあててより半減期の短い原子に変換することにより放射性廃棄物の処理を行うという研究が実際に行われているから,中性子や陽子を扱うことのできる酵素や触媒があれば‥‥いや,ないだろうな.

          ただまあ,酵素や触媒の動作原理については,少なくとも第1原理に基づく解析はまだ追いついていなくて未知の部分が残っているから,ひょっとしたらあり得るかもしれん(多分,ないだろうけどな).

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...