パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識 」記事へのコメント

  • 「速読の達人は~」ではなく「読書の達人は~」との記述でしたので、ちょっと気になった次第ですが、読書のスキル=速読のスキルなんですかね?
    超遅読な私の読書スキルは低劣ということになるのでしょうか。

    綴られた一語一語に込められた意味を考えたり、描写されるシーンのディテールに思いを巡らせたりしながら読むのが好きなので、同じ章を何度も読み返したり、ストーリーが展開する度にその伏線となっていたエピソードをもう一度読み返したりと、幾度となくページを遡って読み返すからです。

    速読の話では兎にも角にも文章を記憶に叩きこむテクニックの話になるようなのですが、ストーリーや小説を読むのに速読って楽しいのですか?
    それとも、単行本を数分で速読する人って、もの凄いスピードで感動してるの?
    • by Anonymous Coward

      楽しいとか楽しくないとか言ってる方は、実際に体験したことがないからではないでしょうか。
      速読は、ある一定のスピードで読むので話が理解し易い点に加え、状況をイメージしているので
      映像を見ているような感覚になります。

      映画なども同じようなことが言えます。フィルムには1コマ1コマの絵が描かれていますが
      それを眺めているだけでは何のことかわからない。スピードがあるからこそ、絵が動いて見える。

      そう考えてみれば、速読の抵抗感もなくなると思いますよ。

      • by Anonymous Coward on 2011年11月17日 23時16分 (#2052255)

        楽しいとか楽しくないとか言ってる方は、実際に体験したことがないからではないでしょうか。
        速読は、ある一定のスピードで読むので話が理解し易い点に加え、状況をイメージしているので
        映像を見ているような感覚になります。

        一定のスピードだと話が理解し易い、というのはどういった意味でしょうか。また、のんびり読んでるから状況をイメージしていない、というふうに取られておられるようですが、のんびり読んで、台詞回しまでほぼ実速度で堪能するような読み方と比べて、速読はどのように「イメージしている」のでしょうか。

        映画なども同じようなことが言えます。フィルムには1コマ1コマの絵が描かれていますが
        それを眺めているだけでは何のことかわからない。スピードがあるからこそ、絵が動いて見える。

        そう考えてみれば、速読の抵抗感もなくなると思いますよ。

        すみません、意味がわからない上に例えとして無茶苦茶です。

        なんか、お話を伺っていると、「テキストからピックアップした単語から自分の世界の妄想をふくらませて、それを愉しんでいるのではないか?」と邪推してしまいます。別に他人がどのようにテキストで楽しもうと知ったこっちゃないですが、読点の位置、漢字で書くかひらがなで書くか、個々の登場人物の言葉の端々に見え隠れする人物としての深み(を出すための緻密な文体選択)、そういったものを受け取るのが愉しいと感じる人間からすれば、ずいぶんともったいないテキストの浪費だなぁ、と思います。

        # 一方で、うちの連れ合いは「ゆっくりよんでるよ?」(←それでも俺の5倍速)という「読書の暴走族」なので、
        # 別に速読がかならずしも飛ばし読みを意味するわけじゃないとも思ってたりする。

        親コメント

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...