パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星探査機による火星の写真は地球そっくり」記事へのコメント

  • なんでバランス調整したのだけを公開してるんだろ。両方比較してみたい。

    それにしても赤い塵を地表に沈殿させられれば地球の様に青くなるのだろうか?
    気体層の厚さと成分で、移住後に塵除去したときの予想図とかも見てみたい。
    まぁ地球の1%も無いから赤いままか・・・

    • 校正用のカラーチャートも積んでいけば良かったのに、と思う。

      • by Anonymous Coward on 2012年08月21日 9時55分 (#2215412)

        カラーチャート積んでますよ。

        http://www.nasa.gov/mission_pages/msl/multimedia/pia16040.html [nasa.gov]
        これは白黒写真ですが、(><)みたいなマークがいっぱい描いてありますね。

        http://www.nasa.gov/mission_pages/msl/multimedia/pia16054-color.html [nasa.gov]
        この写真はカラーなので、グレー濃淡色なのが分かると思います。

        これはグレーチャートで、外光を考慮したホワイトバランスの調整が可能になります。
        デジタル一眼レフでグレーチャート使ってマニュアルでホワイトバランスを合わせるのと同じですね。
        グレーチャートがきちんと灰色に表示されている状態が、適切なホワイトバランスになります。
        カラーチャートも、どこかにあるはずです。他の探査機には乗っていました。探査機のロゴなどで代用することもあるかも。

        ところで、ホワイトバランス無調整は無意味です。それは何を基準としての無調整なのか。地球の晴天なのか、曇天日陰なのか、蛍光灯なのか。
        たとえ人間が火星に行ったとしても、数分で慣れてその環境での「白」は白く見えることでしょう。
        電球色蛍光灯も慣れると白い紙が白く見えるごとく。
        だから、その環境光に合わせたホワイトバランスに合わせる必要があるんです。

        でも電球色は黄色っぽいと知識として知っているので、デジカメではわざわざ「電球色残し」みたいなホワイトバランス設定を行いますね。
        火星の映像を赤っぽくするのも、火星は赤いという知識に合わせての見栄えの調整ってことになります。

        親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...