パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

数学嫌いの人が数学の問題に挑むと、脳内で物理的な痛みと同様の反応が発生する」記事へのコメント

  • やっぱり、痛みを与えた場合と、数学をやらせた場合の十分な比較をしないといけないわけだよね。

    (1)腕がちぎれる程度の痛みとくらべると軽い痛みに実験が集中していたりするとやっぱり結果にバイアスがかかってしまうな。
    (2)腕がちぎれた人と足がちぎれた人と頭のちぎれた人の脳の応答の違いとかは、歴史的に評価されていなさそうだ。
    (3)そもそも腕がちぎれたことへの応答と、純粋な痛みの応答を区別するのはやっかいな問題だ。純粋に痛みだけってどうやって与えるんだろうか?
    (4)痛みと考えていたのが快感だったりする人がサンプルに混入したりするとさらにやっかいだ。

    痛みに対する応答って一言で言っても、ある程度の品質のモデルを作るのは大変なことだな。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...