パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

南極の氷の下に閉じ込められた湖に生物がいるかを探索するプロジェクト、いよいよ掘削作業開始」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2012年12月17日 12時33分 (#2291547)

    高圧のもとでしか生きていけない生物が、気圧低下とともに全滅、なんて可能性は無いのだろうか?
    まぁ、おいら程度でも考えられる様な事は、すでに考慮に入れている、とは思いますが。

    • by celvena (42327) on 2012年12月17日 12時54分 (#2291571)

      深海魚なんかはそうですね。
      地上に行くにつれて外圧が低下していき、内蔵が膨張して破裂してしまうとか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        漁なんかじゃ一気に引き上げるからそうなるだけで、徐々に上げていけば大丈夫なんじゃ?

        水族館の深海魚コーナーの魚ってどうやって採取/飼育してんの?

    • by Anonymous Coward

      ...
      伊勢屋が石を割ってみると、中から水と一緒に金魚に似た小魚が出てきて
      直ぐに死んでしまった。翌年やってきたた唐人はそれを聞くとなんと勿体無い事を
      してくれたと涙を流した。
      「あの石は天下の至宝で、磨り上げて水から一分のところで止めると、
      透きとおって二つの金魚の遊び回るのが見える。朝夕これを見ると心を養い
      命を延べる徳があるというので、王侯貴人は千金を積んでこれを求めるのだ。」
      ...
      - 伝承話「長崎の魚石」より -

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...