パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

太陽に似た恒星の5分の1は地球型惑星を持つ」記事へのコメント

  • 地球型惑星が数十億あり、そのうち10パーセントで生命が発生したと仮定して数億の星で生命誕生。

    そのうち半分が地球より発展しているとすると、地球も何とか宇宙に進出しているので、宇宙に進出している星は、まあ1億ある。

    そのうち1パーセントが宇宙へ進出して植民星を有していると仮定して100万。

    つまり全宇宙で100万もの星で宇宙船があり他の星で植民までしているのに、その星の中でテレビや通信機器による議論場で毎日下らないことを議論している者達がいると言うことだ。

    • by Anonymous Coward

      別の恒星系に移住するほどの技術を持ちながら、植民しようとする理由なんてあるのでしょうか。
      恒星系間の大量輸送は想像を絶する困難な事業ですから、それができるくらいの技術があれば、
      人口問題も資源・エネルギー問題も環境問題も軽々解決してるはずだと思います。

      恒星の寿命が近づいてくれば、移住が必要になるでしょうが、
      恒星の寿命を気にするような文明なら、おそらく宇宙の寿命も気になると思います。

      • by Anonymous Coward on 2013年11月06日 18時31分 (#2490792)
        どんなに文明が進歩しても、立って半畳寝て一畳なのは変わらんと思うけどなぁ。人体を圧縮して高密度に暮らす方法と、余所の星系に移動する方法で後者の方が容易なら、そら植民するんじゃねぇの。
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          距離的に輸送がほぼ不可能で、通信も一方向で年単位かかるわけで、そんなんじゃ行ったきりになるしか無いでしょう。
          なので他の恒星系に出向いて植民するという解決方法は考えにくいですね。衛星や系内惑星を開拓する辺りが限界でしょう。
          他の恒星系の惑星探すにしたって、植民するためには気圧や大気成分、土壌成分、重力、自転速度、衛星などからの影響など自星との違いが少ない惑星を探す必要があるし、そうとう難しいしコストもかかる。
          人口問題程度で踏み切れる物じゃないでしょう。

          • by Anonymous Coward
            踏み切る踏み切らないの話じゃねぇんだよ。
            完全に誰もが平等な共産主義社会でない限り(おそらくはそうであっても)、踏み切らなきゃ死ぬだけの人はいつか必ず出てくる。人類の歴史上も、そういう人の大部分は踏み切らずにそこで死んだのだろうが。踏み切った一部の人がジャングルを出てアフリカを出て流れ流れてはるばる極東の弧状列島に住みついたんだよ。
            • by Anonymous Coward

              原始時代はそうだったし、大航海時代もそんな感じだったのかもしれません。

              でも、恒星間旅行時代がそんなふうになるとは思えない。社会からドロップアウトして、生き延びるには外の世界に飛び出すしかないというような境遇の人(おそらく個人か少人数グループ)が、恒星間旅行技術を利用できるとは思えません。

              むしろ、個人や少人数グループが恒星間旅行のための技術やそれに必要なエネルギーを使えるとしたら、それは個人で人類滅亡級のテロができてしまうということですから、遅かれ早かれ、気の狂った人やグループが出てきて、人類滅亡すると思います。

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...