パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

人類が宇宙で暮らすための課題とは」記事へのコメント

  • なんだかなあ (スコア:5, すばらしい洞察)

    技術的な課題もあるだろうが、
    そもそも宇宙で暮らす必要性が無いってことが
    ある意味最大の課題だよね。

    ##地球が100年ぐらいで吹き飛ぶんであれば必死になるんでしょうが・・・

    • by Anonymous Coward

      技術的な課題もあるだろうが、
      そもそも宇宙で暮らす必要性が無いってことが
      ある意味最大の課題だよね。

      ##地球が100年ぐらいで吹き飛ぶんであれば必死になるんでしょうが・・・

      必要となった時に課題を解決する時間が無いという場合もある
      何事も今の段階での要/不要で決定してはいかんということだが
      それゆえに金を出しづらいというのもあるんだよなー

      >地球が100年ぐらいで吹き飛ぶんであれば

      石油があと20年でなくなると数十年前から叫ばれてますが(最近は聞きませんね)
      なんだかんだと技術も発達するから大丈夫なんて楽観論のまま
      あと10年というところで結局無理でした\(^o^)/となる可能性
      ありますよねw

      • 石油があと20年でなくなると数十年前から叫ばれてますが(最近は聞きませんね)

        いえ、マスコミが(飽きたのか)あまり話題にしないだけで、 2006年にはオイルピークに達していた旨が報告されたり [nationalgeographic.co.jp]、シェールガスも予想より採掘量が少なくヤバいとの警鐘がされたり [ismedia.jp]、年々着実に状況は悪化していますよ。

        • by Anonymous Coward
          > 2006年にはオイルピークに達していた
          前に書いたのまた貼っとくか

          > 2006年の全世界の石油生産量は日量71,736.94千バレル
          > 2012年の全世界の石油生産量は日量74,643.65千バレル
          > はい論破
          • by Anonymous Coward on 2014年01月31日 19時28分 (#2537265)

            それでピークオイル問題が解決なら幸せだと思うのだが・・・。
            この問題の本質はリンク先にもあるように、廉価な在来型石油が減少していること、採掘量の成長が期待できないこと、なのだから、たまたま採掘量が上回った年があっても(頭打ちになってる中で山が2006年ではなく2012年だったというだけで)何の論破にもならないよ?
            オイルサンドやらからの高くエネルギー効率の悪い石油の採掘量が増えても、問題は解決しない。

            親コメント
            • by Anonymous Coward
              で、次の山は2013年ですか2014年ですか?
              石油枯渇論者にゃ1950年代から延々と嘘つき続けてきたという前科があるんだけど、そりゃ狼少年の話だって最後には狼が来たわけで、いつかは石油がなくなる日も来るだろうさ。20年くらいのスパンで当たったらそんとき自慢してくれよ。
              とりあえず今はそれが近い将来じゃないってことは統計的にも科学的にも経済的にも全く明らかってこと。だいたいある日突然石油が一滴も出なくなるわけじゃないんだし、人類は十分それに備えられる。そんなことより、ある日突然小麦が一粒も実らなくなったり、ある日突然ルーピーオバマが核ミサイルのスイッチ押したりするリスクのがずっと大きいんだから、限りあるお金だとか資源だとかはそういうのの対策に使うべしって話。
            • by Anonymous Coward

              ここ十年で原油価格は二倍程度に上がっているので問題ないでしょう。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...