パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

STAP論文騒動、理研の「特定国立研究開発法人」化にも影響へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    とりあえず論文は全て文章と添付画像がコピペじゃないか機械的にチェックするようにすれば不正への抑止力になるんじゃいかとー。
    たしか論文の文章がコピーじゃないかチェックするツールあるんだよね?
    内容のチェックするのはもちろんだけど。

    • by Anonymous Coward

      difffのことを言ってるなら、diff取るだけなんだからコピペであることを元から知っているか、元ネタを知っているかしないと役に立たん

      • by Anonymous Coward

        WEBやデータベースからコピペ判定してくれる商用ソフトとかがありますよ。
        ITを使いこなしているEditorなら、そういうソフトをちゃんと掛けてrejectしてる。

        学位審査の審査教員がそこまでする必要があるかは疑問だけど、指導教官や
        その所属事務あたりがチェックするってのはありだと思うね。

        • by Anonymous Coward
          理系の論文の場合は、不正コピペかどうかの判断がもう1段階要りますね。
          例えば、原文の著者の承諾の下で行われたコピペなら問題は無いので。

          とは言え、現実的には、赤の他人に、文章コピペさせて、と頼むような流れはまず無く、
          せいぜい、師匠の文章を借りるとかが関の山なので、それ以外の大抵のコピペは問題ありでしょうけど。

          厳密に考えると、コピペ元の著作者には、「可愛い女性だからOK、承諾」とか言う権利もありうるので、
          第三者がその場で問題ありと決めてしまうわけにも行かないのです。
          コピペを行った著者に、怪しいけど大丈夫なのか問い合わせるぐらいが、問題なく取れる対応でしょうか。

          一方、文系の方は、他人が書いた文章が(引用以外で)論文に含まれること自体があり得ない、とする文化もあるみたいです。
          • by Anonymous Coward

            もしかすると理系の中でも分野によって文化が違うのかもしれませんが、私の分野では、学位論文では「自分がやったこと(序論での、自分の研究の位置づけを述べる部分も含まれる)」と「他人の成果」とは厳密に分けて書くことが要求されましたよ。師匠であれ他人の文章を自分が書いたかのように使ったら自分の研究成果にならないじゃないですか。同じになるなら出典を示して引用しておけばいいんです。引用なら原著者の許諾云々は全く関係ありません。

            あの論文を見て「背景部分なら出典を示さないコピペもありでしょう」という発言がちらほら見られたので、世の中は広いのだな、いろいろな文化があるなとは思いましたが。

            • by Anonymous Coward
              >自分が書いたかのように

              学位論文はともかく、外に出す論文の場合は、たいてい師匠と共著になりますから、
              執筆の実作業者はともかく、(師匠が)自分が書いた、と言っても筋は通るはずです。

              ただ、師匠が継続して研究を進めているテーマで、先輩Aの修士論文(当然、単著)から、
              「先輩Aと師匠」の共著になった対外発表を経由して、A卒業後に、「後輩Bと師匠」の対外発表を経て、
              後輩Bの修士論文、と言うような経緯で、Aの書いた文章がBの修論に混ざり込むというのはよくありそうなことですが、
              こちらも問題視されるという話も聞いた事はありません。

              院生や場合によっては教授が卒論を書いた、なんて話もあるのでそれに比べれば小さな事、いえ、ゲフンゲフン

              >同じになるなら出典を示して引用しておけばいいんです。

              むしろそちらがダメとされていますね。
              まず、その原稿のみを見て背景から解決までが把握出来るよう完結していなければならないとされています。
              • by Anonymous Coward

                学位論文の話をしています。その直前の文を受けてるんですが、わかりにくかったですか?

              • by Anonymous Coward on 2014年03月14日 21時01分 (#2563334)
                正直なところ、分かりにくかったので、両方に言及したつもりでした。
                後段の「あの論文」が、問題になっているNatureに採録された論文のことのように見えまして。

                学位論文に関してだけ言っても、学士から博士まで、混ざってても気にされないのは前のコメントの通りです。

                極論すると、学位論文なんかより、難関国際会議なり国際ジャーナルなりに通すことを優先せよ、という空気が露骨で、
                著名な国際会議に単著で通せるような日本人はプロの研究者にもほとんど居ないので、
                必然的にチームで作戦を立ててになり、結果、原稿の著者は入り乱れます。

                学位論文そのものの審査には重きは置かれていない一方、それまでの研究成果が重要視され、
                博士の場合には、自分が筆頭著者であるような査読付き国際会議とジャーナルの本数に最低ラインが引かれています。
                ラインを超えた後で、どこからどこまでが自分の仕事かと言うことは特に問題にはされないため、
                一から書き直したりはせず、それらの発表原稿をくっつけることで学位論文にする形が取られます。

                (学位論文として独立させずに、複数の既発表論文をもって博士論文に換え、学位審査をするというスタイルも
                手続き上では存在しているようで、そちらの方が実情に合っていると思うんですが、なぜか使われた事がありません)

                ちなみに、修士や学士の発表会では、「で、どこからどこまでがお前自身がやった仕事なの?」はFAQです。
                親コメント

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...