パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASAの次期火星探査ロボットには酸素生成装置が搭載される予定」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年08月02日 7時13分 (#2649513)

    地球史における生命の誕生では、酸素利用型生命の誕生以前に、
    酸素を猛毒とする嫌気性生物の時代が長く続いたわけで、
    火星にもし生命がいたら、火星地上に水があった時代の短さから
    せいぜい嫌気性の単細胞が残っているかもしれないわけですが。

    火星にいた・いるであろう生物は好気性まで進化したor火星に生物がいる可能性はゼロ、
    と結論が出ているのでしょうか?

    • by Anonymous Coward on 2014年08月02日 7時27分 (#2649516)

      アメリカ人にとって火星なんて新大陸みたいなもんです。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        すごい納得してしまった。

        • by Anonymous Coward

          TOSでも冒頭に言ってる。憲法前文のようなもんだな。

          ちなみに、U.S.S.エンタープライズ NCC-1701 はコンスティテューション(憲法)級

    • by Anonymous Coward

      何も作った酸素を火星大気中に放出するとは一言も言って無いのでは?

      • by Anonymous Coward

        作った酸素を貯めている酸素タンクを隕石が直撃するなど、何等かの不慮の事故で漏れる可能性は有りますよね。

        • by Anonymous Coward

          貯めている酸素タンクを隕石が直撃する

          難癖にしても無理がありすぎだw

          • by Anonymous Coward

            たぶん彼の次の発言は原発がどうこうです。

            • by Anonymous Coward

              隕石が衝突するような天文学的な確率でなくても、1000年に1度の自然災害で充分という事ですか?

    • by Anonymous Coward

      太平洋に原油を一滴たらすようなものでしょ
      火星人を皆殺しにできるほどの酸素を生成できるのなら有人宇宙開発の未来は明るいな

    • by Anonymous Coward

      火星の大気に酸素がまったくないわけじゃないし、影響は無いでしょう。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...