パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASAの次期火星探査ロボットには酸素生成装置が搭載される予定」記事へのコメント

  • 火星よりも先に地球で展開したらどうかね。オゾンホールを塞ぐ役にも立つかも。
    • by Anonymous Coward

      それを言うなら、CO2を分解して「温暖化対策」とか。

      まあおそらくだけど、あくまで実験ですから、
      力技で電気分解するといった、投入コストに見合わない方法だと思うので、
      地上でやるのは無意味。(もしできるならとっくにやってますがな)

      • by Anonymous Coward

        > 投入コストに見合わない方法

        つまり地球の資源の浪費は余計に進むってこと? それじゃ火星上でも意味はない(というか有害)。火星で自給自足できないのに有人探査とかマジ気違い沙汰。

        • by Anonymous Coward on 2014年08月03日 10時08分 (#2649994)

          火星で自給自足なんかできるわけないじゃん…無人ソーラーパネル工場を建設するの? 無から酸素ができるとでも言いたいの?
          燃料なり電源なりは現地調達不能で、現状すべて持ち込むんだから、効率は関係ないんだよ。まずちゃんとできなきゃ効率よくもできない。

          南極調査隊だって缶詰持っていったし、エベレスト登頂する人たちは酸素とかも持っていくけど。缶詰やタンクを現地で製造しなければ無意味ってこと?

          親コメント

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...