パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米最大の石炭会社、地球温暖化懐疑派に多額の資金提供を行っていた」記事へのコメント

  • ロビー活動ってのは元々そういう目的でやるもので、逆に規制推進派にだって経済的利益を求めてロビー活動してるところが少なからずあるだろう。

    環境保護は正義だから、それに反する政策を推進するやつは悪って考えなんだろうが、ロビー活動自体は悪でも何でもないし、禁止もできないよ。

    • by Anonymous Coward

      > ロビー活動自体は悪でも何でもないし、禁止もできないよ。

      禁止は出来ないし、してもするだろうし、確かに悪では無いかもしれないが、
      善でも無いよね。善である論理も無いし。
      つまり「単に止められない事だ」と言う事だけだと思う。それを踏まえると、

      > 環境保護は正義だから、それに反する政策を推進するやつは悪って考えなんだろうが

      この発想自体が随分妄想的で偏ってるよね。
      誰も「それに反する制作を推進する奴は悪」とは言ってないでしょう。
      どっちかと言うと、

      「自分を守るために反する考えの相手を金で黙らそうとしていた、
       又はそのように受け取られても仕方無い事をしていた」
      と言う報告に過ぎないでしょう。

      ダメだよ、現実の事をベースに話さないと。

      • by Anonymous Coward

        >「自分を守るために反する考えの相手を金で黙らそうとしていた、
        > 又はそのように受け取られても仕方無い事をしていた」
        >と言う報告に過ぎないでしょう。
        いやこれも表現おかしいでしょ…
        温暖化懐疑論者に金を渡してるんだから、
        温暖化を主張する人間の頬を金でひっぱたいて黙らせたような表現はおかしい。
        自分たちの支持する立場の存在がより強固に主張できるよう金を回していたにすぎない。
        そのへんの研究に対する出資と何が違って何が問題なの?

        • Re: (スコア:3, 興味深い)

          by Anonymous Coward

          科学的にはケリがついている話題を蒸し返すために研究させ、そこで得られたしょうもない研究結果を企業が広告するのが問題です。
          これは単純な研究資金の提供ではなく、企業が自分の資金力を使った広告に説得力をもたせるためのロンダリングなんです。

          例えば、水素水の研究に100万円を提供して「ネズミで効果があった」という論文をマイナー誌に通します。
          そして、それによって100億円の広告で「科学が認めたこのパワー」という広告を出します。
          まっとうな研究には予算が乏しく、企業もわざわざ広告は出しません。
          その結果「水素水には科学的根拠がある」という認識が一般に広まってしまうわけです。

          • by Anonymous Coward

            > 科学的にはケリがついている話題を蒸し返すために研究させ、そこで得られたしょうもない研究結果を企業が広告するのが問題です。

            これはアホすぎる。ケリがついてたら未来永劫変わらないなんて実に非科学的。
            そんなんじゃいまだにニュートン力学の世界ですよ。
            研究大いに結構。結論がねじ曲がってなければ良い。
            そもそも、賛成派も反対派も両方自分に肯定側に研究に資金投入してるっての。

            胡散臭い研究を発表することと、研究資金を提出するのは全く別の問題。
            水素水に関して言えば、論文を元に信じてる奴の方がいないというか、受け取り側のリテラシーの問題。
            資金を受け取って無くてもトンデモな研究なんていくらでもある。

            • by Anonymous Coward on 2016年07月13日 17時28分 (#3046602)

              >これはアホすぎる。ケリがついてたら未来永劫変わらないなんて実に非科学的
              新たな事実の提示があれば変わることは可能です。しかし、懐疑派が行ったのは「間違っていると分かっていること」の再提示でした。
              それを「ケリがついている話題を蒸し返す」と表現しています。

              一例をあげると、「二酸化炭素の影響でどれだけ気温が上がるか」は「平衡気候感度」と「過渡気候応答」など幾つかの定義がありますが、
              その区別をせずに「二酸化炭素の気候感度は言われていたより低い」という結論を導く研究が繰り返し出ています。
              それを受けて日本語のWikipediaでは
              「最近では、実測値等の観測に基づく研究の進展により、従来考えられていた気候感度よりも低い値を報告する論文も出始めている」
              と書かれていますが、それは以前から「短期的な観測から平衡気候感度は見積もるべきではない」と繰り返し否定されているものです。

              >そんなんじゃいまだにニュートン力学の世界ですよ。
              まさに、懐疑派が行ったことが「相対論的な現象を、ニュートン力学でこじつける」ことです。

              >研究大いに結構。結論がねじ曲がってなければ良い。
              結論を捻じ曲げたのが問題です。

              >そもそも、賛成派も反対派も両方自分に肯定側に研究に資金投入してるっての。
              その研究資金が何処から出ているのかは明示されるべきです。しかし、今回の事件では、それが明示されていないことが問題視されており、それは「反対派」に見られるものです。

              >胡散臭い研究を発表することと、研究資金を提出するのは全く別の問題。
              ですから、今回の石炭会社の行動が問題視されているわけです。

              >水素水に関して言えば、論文を元に信じてる奴の方がいないというか、受け取り側のリテラシーの問題。
              温暖化の問題では、その「受け取り側」が政治家だったりするので放置できないわけです。

              >資金を受け取って無くてもトンデモな研究なんていくらでもある。
              そういう研究は埋没しており、あまり害はありません。今回のように巨大資本が利用(悪用)することが問題なんです。

              親コメント

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...