パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2016年のノーベル物理学賞は、位相幾何学を用いて物質の相転移を研究した3氏に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2016年10月05日 17時01分 (#3091951)

    ここで話題になっているトポロジーというのは境界条件に依存しない現象という意味だ。
    普通は系の境界条件を変えるとそれに応じて物性が変化する。
    しかしトポロジーの効いた物質系では境界条件を多少変えても変化しない。
    どういう風に境界条件を変えるかというと、外部磁場の強さ、電場の強さ、スピンの大きさなどによる。
    こういうものを変化させても系が変化しないような物質は量子的な現象が起こる。
    磁場に対してこれが起こったのが量子ホール効果や分数量子ホール効果。
    1次元のスピン系に対してこれが起こると主張したのがハルデーン。
    こういった現象の根源に起こる数学的構造が基底状態の構造にあり、そこに数学でいうトポロジーが
    込められていることに気づいたのがコスタリッツとサウレス。

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...