パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星着陸実証機「スキアパレッリ」の激突の原因はソフトウェアの欠陥か」記事へのコメント

  • この手の話を聞くといつも思うのだけれど、事前にテストしていなかったの?
    火星と大気密度は異なるとはいえ、オーストラリアや北米の砂漠に降下させて、ある程度のテストはできそうなものだけれど。

    • by Anonymous Coward on 2016年11月05日 10時11分 (#3109034)

      「ある程度」ということは、テストしきれないケースがあるということだ。
      そういうのが今回のようなトラブルを引き起こす。

      重力も違うんだ。100分の1以下の気圧、3分の1の重力下でうまく着陸するように設計した装置を
      地球上で落下実験させて、どれほど意味のあるデータが取れるのか。

      親コメント
      • 先日こんな動画を見た。

        「JAXA協力「モビルワーカーは、月面に着地できるのか?」検証実験動画 by GUNDAM THE ORIGIN TECHNOLOGY LAB」
        https://www.youtube.com/watch?v=f540NzUTAoc [youtube.com]
        たかが着地一つとってみても、空気の有無でこんだけ違うのは新鮮な驚きだった。

        まして大気圏外からのパラシュート降下で、空気抵抗も違うし重力も違うし、
        作るとしても巨大すぎるから実験室でのテストも非現実的だし、再現実験は簡単じゃないだろうね。

        親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...