パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ダークマターを否定する「エントロピック重力理論」の可能性」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2016年12月26日 14時56分 (#3135673)

    ダークマターは単に現在観測しきれない物質の総称であって、多くは特殊な物質ではない。
    光や電波を強く発さないから見えないだけで。
    現在見積もられているダークマターの総質量をこれで説明したとすると、新たに観測される太陽系外惑星などの天体の質量はどこから来たのかとなる。
    ひょっとしてダークエネルギーと混同してないだろうか。

    • by manmos (29892) on 2016年12月26日 15時22分 (#3135690) 日記

      暗い星(惑星や主系列星になり損ねた星)やガスだけでは説明しきれない量の質量があるのが問題。
      この太陽系も、惑星やオールトの雲を合わせても太陽質量の6倍なんてあるわけじゃない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      多くは非バリオン=特殊な物質、なので頑張って探してるわけで。
      そんでWIMPモデルの候補がLHCでもなかなか出てこなくて困ってます。

      > 新たに観測される太陽系外惑星などの天体
      いわゆるMACHOで、比率は小さいです。

      • by Anonymous Coward

        関係ないけど『魔神竜バリオン』思い出した。

    • by Anonymous Coward

      対消滅:結婚
      対生成:離婚
      ダークマター:夫婦(存在はするが引ニート化して見えなくなる)

      大抵の質量は結婚した状態で存在するが、
      物質と反物質の分布にはムラあり
      任意の地域を切り出すと独身者を数多く観察できる。

      我々の地方では物質の独身者が多いため、
      反物質はすぐに結婚して観察できなくなってしまう。

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...