パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

長期の宇宙滞在における生物学的変化、一卵性双生児の宇宙飛行士で確認される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年01月31日 17時04分 (#3153257)

    DNAについては超回復みたいなものかな?
    修復機能が過剰に作用してるんじゃないかな?
    むしろ腸内細菌に対する影響のほうが気になる
    腸内細菌叢は体質等に影響があるとされているけど
    宇宙体験で受ける変化が腸内細菌によるものなら
    大便移植で同じ変化があるかもしれない
    腸のニューロンの密集度は脳並みだし
    そもそも脊椎動物、無脊椎動物にかかわらず
    ほとんどの動物門で基本構造が同じ器官
    カンブリア爆発以前から地球上で発展してきた器官
    その長い歴史の中で腸内細菌も共進化してきたわけだろ
    もはや腸内細菌こそ地球で最も成功した生物といえる
    その腸内細菌が宇宙に乗り出すことができるか?
    とても興味深い

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...