パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星に存在していた水は数週間で大量に消失していた?」記事へのコメント

  • 火星で起きることは地球でも起きる!! そう、地球は滅亡する!! (AA略

    # トータル・リコールみたいに地下に氷の状態で保存されてないかのなー

    • 地球の場合にはオゾン層が紫外線を防御してH2Oが過剰に分解しない程度に少なくしてくれている。
      全地球規模でオゾン層破壊が起こると有り得ない話ではないなあ。

      水素は逃げやすく、酸素は脱出速度になりにくいので地表に戻ってきて酸素過剰になった世界の各地で大火災が起こり熱で水蒸気が増えて大気圏上層にまで充満しオゾン層で防御されていない紫外線に当たって水素と酸素に分解され水素は逃げやすく、酸素は脱出速度になりにくいので地表にm

      • by Anonymous Coward on 2017年02月10日 14時34分 (#3158960)

        紫外線による水蒸気の分解とか、数週間で水がなくなってしまうような現象には思えないほど、のんびりしてそうだけどなぁ。

        親コメント
        • 同意。だから数千年単位の時間を掛けて無くなっていったのだと思ってました。
          酸素が降りてきて燃焼して熱が出るというシナリオを無理やりに作っても、火星ではせいぜい岩の中の鉄と反応して赤さびになるくらいでしょうか。数年どころか数週間ってのは到底想像もできないです。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            水蒸気が紫外線で分解して生成した水素が逃げて行く.....残った酸素が紫外線でオゾンになって紫外線シールドにはならないのかな?

            • by Anonymous Coward

              重力が弱いから酸素も飛んで行ってしまったとか

              それよりも火星の距離で水を分解できるほどの紫外線強度があるんだろうか?

              • by Anonymous Coward

                化学反応を引き起こす要因となるのは、光の強さ(光子の密度)ではなく、
                個々の光子のもつエネルギー(光の周波数)だから。

                紫外線が弱いと、引き起こす分解反応の量が少なくなるだけで、反応自体は起きる。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...