パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASA、小惑星に人工物をぶつけて軌道を変える実験を計画中」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    大災害起こすクラスの質量持ったものの進行方向ずらすとか
    どんだけの質量をぶっこめばいいんでしょうね

    問題なくやれる範囲って
    大気圏で燃え尽きる程度のもんなんじゃないですかね
    地表に到達しても影響範囲100mいないとか
    しかも人類生存エリアに堕ちる確率は。。。

    んでもって人工物ってことは
    現状は地球から宇宙へ送り出すわけで
    とても現実的な案とは思えませんね

    まかり間違ってどでかいのをうまやれたとしても
    衝突でできたデブリでえらいことになりそう

    # ISSさんにげてーちょーにげてー

    • by Anonymous Coward on 2017年07月05日 18時41分 (#3239483)

      > 大災害起こすクラスの質量持ったものの進行方向ずらすとか
      うっ。頭がッッ
      https://www.youtube.com/watch?v=Nbb-ZR_iC78 [youtube.com]

      ブラックホールじゃなくて、直径1kmかそこらのちっちゃい小惑星くらいなら、
      核ミサイルくらいでなんとかなるんじゃないですかね?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        いや、地球が逃げるという手も
        https://www.youtube.com/watch?v=MhyiT4OIdmg [youtube.com]

        # 逃げた後どうやって復帰するか、それが問題だ

        • by Anonymous Coward

          南極に原子力ジェットパイプを設置して動かしたのだから、
          北極に同じものを設置して逆噴射すればどうか。

          • 南極に設置したエンジンによる加速は、グローバルに見ると「地球が移動」ではなく、単に「軌道が傾く」だけです。大ざっぱに元の軌道と比べると、加速の3ヶ月後には北極の方向に最も離れますが、その後は元の軌道に近づいて行き半年後に元の軌道と交差、9ヶ月後には反対の南極方向に最も離れ、1年後にはまた元の軌道と交差します。

            ですので、半年後に再度南極のエンジンを噴射すれば、元の軌道に戻せます。
            #細かいことを考えると、自転軸の傾斜があるのでもっと複雑ですが、とにかく北極への移設しなくてもなんとかなるってことで。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            相対位置によれば、月の一角に核爆弾を集めて同時起爆、地球に接近して来る小天体に月をぶつけるって方法もある。(ゼロテスター)
            木星を不均等核融合起爆させてその大部分を動かして、太陽に接近して来る小(体積)天体にぶつける(さよならジュピター)や、火星を動かす(ダイターン3)よりは、多分容易。

      • by Anonymous Coward

        宇宙空間は大気がないので、ほとんどの爆発エネルギーは逃げてしまう。
        結構難しいと思いますよ。

      • by Anonymous Coward

        宇宙だと核ミサイルの効果を上げる大気ってのが無いからね。
        かといって地殻に打ち込んで割ったって、1kmが数百mになったところで結果はあんまり変わらんだろう上、避ける物が増えてしまう。

        • by Anonymous Coward

          アクシズ割って両方落ちそうになって、やりすぎたんだよと揶揄されると

          ユニウス7でも可

          地上に被害が出なくなるまで砕けないんであれば増えるほうが面倒なんで
          そらすのだろう

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...