パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASA、小惑星に人工物をぶつけて軌道を変える実験を計画中」記事へのコメント

  • 小天体に色を塗って、熱均衡を崩すことによって軌道を変えるって方法 [wikipedia.org]がある。

    これだと、軌道を変えるための運動量は太陽からの熱エネルギーになるわけで、衛星に運動量を変えるための質量を持っていかなくて済むので、打ち上げのペイロードが減るって利点がある。問題は、当然時間がかかる。

    でも、逆に時間をかけて実験するなら、こいつもやってほしいなぁ。

    • by Anonymous Coward

      地球近傍の天体からチリ屑持って帰るのにヒイコラ言ってる現在の科学で、どうやって色を塗るのかが問題かもしれず。

      • by Anonymous Coward

        片道旅行と往復旅行を比べる思考が分からん。

        • by Anonymous Coward

          少なくとも減速して衛星に取り付かないといけない。高速でぶつけるだけの方法と比べると格段に難易度が上がると思うけど。

          • by Anonymous Coward on 2017年07月06日 8時30分 (#3239728)

            スプレー缶を持って行って対空砲火みたいに着弾前に破裂させるのはどうだろう

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              驚異となるサイズの小惑星ということで、直径数十メートル級のターゲットだと思うけれど
              どれだけの量の塗料を打ち上げる必要があるのだろう。

              • by Anonymous Coward

                わからんけど、塗料でもエンジンでも持っていけるエネルギーの総量は大して変わらないんじゃないかという気がする。
                塗料の場合は塗りそこないやoberth効果的なロスがあるだろうしエンジンの場合は故障のリスクがある。

              • by Anonymous Coward

                元ネタは質量をぶつけて微妙に軌道を変えましょうってだけで、塗料もエンジンも持っていなかないです。
                http://dart.jhuapl.edu/Gallery/index.php [jhuapl.edu]

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...