パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

地球に最も近いハビタブルゾーンの系外惑星「プロキシマb」には大気がない可能性」記事へのコメント

  • まだなんとかあります (スコア:4, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward

    まだあるのですが、そろそろなくなりそうな危険な状態です。
    大気が減ってくるのに従い、水も減ってくるという副次的な問題も発生しています。

    それで、近くの惑星から水と空気を取ってくる計画が進んでいます。
    調査の結果、4.24光年離れた位置に水と大気の両方がある惑星があるのが分かりました。
    知的生命もいないし、水も大気も存分に取ってくることができるとのことです。
    良かったです。

    • by Anonymous Coward

      どこを調べたのだろう。

      南北アメリカ大陸、アフリカ、オーストラリアあたりかな。
      日本を調べたら、100体ほどは知的生命は見つかるはず。

      • 知的の概念が違うんじゃないかな。
        彼らの行うチューリングテストを我々は通過できないのかもしれない。

        • こんな壊れやすいものが知的生命体な訳があるか!
          っていうことじゃないかな。
          # 価値観の相違とかそういうやつ

          • by Anonymous Coward on 2017年08月21日 12時07分 (#3264517)

            化学反応で動くタンパク質でできた端末を使役するシリコン生物が確認できました!

            とか

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              化学反応なんか、遅くて使いもんになんねーよ
              シリコンに比べたら

              # 一方、チーラは超早かった…

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...