パスワードを忘れた? アカウント作成

準天頂衛星みちびき四号機、打ち上げ成功」記事へのコメント

  • オフトピですみません。
    以前から気になっていたのですが、「みちびき」は、どうやって8の字形に飛行しているのでしょう?

    「みちびき」の飛行軌道 [wikipedia.org]を見ると、あるときは左に旋回し、またあるときは右に旋回しています。
    エンジンから燃料を噴射していいなら、そのような姿勢制御も可能でしょう。けど、何十年も運用する衛星なんだからその可能性は無いですよね?
    ありえる動力は、太陽電池パネルから得られる電気エネルギーだけ。
    空気がある所なら、翼のラダーを動かして姿勢制御ができるでしょうけど、空気は無い… んですよね??
    いったいどうやって8の字形に旋回させているのでしょう?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2017年10月12日 22時43分 (#3294900)

      一言で言えば、そういう軌道があります。
      適切に制御投入すれば、勝手に8の字を書くようになります。

      下記が動画で判りやすいです。
      http://www.jaxa.jp/countdown/f18/overview/orbit_j.html [www.jaxa.jp]

      ちなみに、静止衛星も放っておくとずれだして、8の字を描くようになります。
      精密に静止させるには燃料使うので、ある程度ズレを許容して
      8の字のまま運用している静止衛星もあると聞いたことがあります。
      というか、失敗した静止衛星でみちびきにつながるこの軌道の実験をしたという話も。

    • by Anonymous Coward
      真っ直ぐ円軌道を描いてるだけだぞ…
      • by Anonymous Coward

        真っ直ぐな円軌道とは

        # 適当な距離空間上では真っ直ぐと言うこともあるのだろうか?

        • by Anonymous Coward

          一般相対性理論的には空間のゆがみに沿って真っ直ぐ落ちてるだけ。

    • by Anonymous Coward

      赤道に住んでいる人になったつもりで、極端な話、北極と南極を通っている完全縦周りの静止衛星軌道を思い浮かべてみたらどうだろ?
      スタート時にちょうど真上にいた衛星はまっすぐ北極方向へ飛んでいくけど、地球が回っている分、地上の人間には北西方向へ飛んでいったと見える。でも6時間後には衛星は北極上空にきて、赤道上の人間にも真北にいるように見える。その後は衛星は東の方に見えるようになって、次第に南下して12時間後にまた真上に来る。

    • by Anonymous Coward

      地球中心に他の惑星を見ると「惑う星」であるように、地表から衛星を見ると「惑う星」に見える。
      で良いのかな

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...