パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

SpaceX、Falcon 9ロケットから切り離したフェアリングのキャッチに挑戦」記事へのコメント

  • H-IIAとかもフェアリングを所定の海域に落として回収するのは既にやってるみたいだし、パラセイルを付けてネットを張った船の上に降ろすだけであれば、他のロケットでも割と簡単に真似できるんではないでしょうか?
    再使用でコストが600万ドルも削減できるなら、かなり上手い話でしょう。
    強度的な不安とかがネック?

    • by Anonymous Coward

      いわば中古品を使うことへの忌避感、って無いかな。
      日本のお役所仕事だと色々難癖つけられそうな予感が…。

      しかし、Falcon9の第一段再利用はニュースにもならんね。
      今回も、古いから捨てた、って話が無ければ、去年8月のを再利用した事は話題になりそうもない。

      • by Anonymous Coward

        まともな顧客なら原理的に信頼性の劣る中古品を忌避するのは当然
        安ければ問題ないというのは、衛星コンステレーション構築のために同一仕様の衛星の大量打ち上げ・多数回打ち上げを必用とするような顧客
        結局のところ再利用は打ち上げ頻度の高い安定顧客である米国政府向けだと思ってる
        (偵察衛星を地上にストックしておいて有事即応打ち上げするなんて用途ならマッチするでしょ. 打ち上げ失敗したら別のストックを引っ張り出してきて再打ち上げすればいいんだから)

        • by Anonymous Coward on 2018年02月25日 11時08分 (#3367206)

          >まともな顧客なら原理的に信頼性の劣る中古品を忌避するのは当然

          スペースXではそういう認識を改めてもらうために、中古の機体を「飛行実績のあるファルコン9 (Flight proven Falcon 9)」と呼ぶようにしているそうです。
          確かに新たに作り直したものよりも、前回キチンと動いたものの方が信頼性は高いという考え方も出来ますね。

          親コメント

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...