パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

一部が一致していなかったDNA鑑定結果、「突然変異」が理由として認められる」記事へのコメント

  • この被告人は当初は自白している
    DNAの突然変異で起こり得る不一致で専門家が同一人物と判定出来うるレベルの変異だった
    だから、有罪となったので検察がきっちり証拠を固めた結果でしょう

    これだけだと最高裁が勝手に突然変異だ!お前有罪!って言ったようになってしまうが
    DNAなんて壊れて再生してを繰り返すし「体液」っていうのが精液ないし精子なら壊れたのなんてぽんぽこいるだろう

    • by Anonymous Coward

      とりあえず「当初は自白」ってのは無意味。いくらでも強要できる。

      生殖細胞なら突然変異があり得るってのも確かだろうが、1/15という高い確率なら偶然だとしても被告人の有利という前提で無罪にするべきか否かという話だよ。
      最高裁が無罪の人を有罪にするより、有罪の人を無罪にする事を恐れるなら話にならない。
      有罪の可能性は無視できないほど有るが今回は無罪にするべきだった。

      • by Anonymous Coward

        いくらでも強要できるならこの男性は強要されたものだって主張するべきだよね?不思議だなぁ

        1/15は確率じゃない
        そもそもDNA螺旋中の15カ所を比較した結果一箇所が一致しなかっただけで
        生殖細胞だからありえる変異だって専門家が同一人物の物と認定したんだから最高裁の言い分は何も間違ってない

        • by Anonymous Coward

          自白が信用できるなら高裁は有罪にしたよね。
          「あり得る」で有罪にするのはおかしいよね。

          • by Anonymous Coward on 2018年05月16日 12時54分 (#3409128)

            当初は自白していて撤回してから裁判
            なおかつ15分の1じゃなくって
            1047兆分の一とかの確率でしか一致しねぇDNA検査
            都合のいい部分だけに返すな

            親コメント

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...