パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドジョウが準絶滅危惧種に指定される。将来は絶滅危惧種になる可能性も」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    あんなん田んぼでほっとくと勝手に増えるじゃん? と思ったら交雑が原因なのか。

    普通の絶滅危惧種だったら捕獲したりせずに放置するのが良いが、
    外来種問題ならば外来種を捕獲して喰い、元の種を保護する方が良い

    どうしたらいいんだろう

    • Re:交雑か… (スコア:3, すばらしい洞察)

      by Artane. (1042) on 2018年05月25日 22時17分 (#3414459) ホームページ 日記

      そもそも、既存の種の純潔性とでも言えることに対して至上の価値をおいて、外来種との交雑を極端に忌避するという今の環境保護の「常識」って、果たして、科学的に「正しい」のですかね?
      大昔から、外来種との交雑というのが頻繁にあって、その中で環境変化や環境自体への生存性を生物が確保してきてる訳で、今のような「在来種純潔主義」が行き過ぎた状況は、却って生物の生存可能性や「強さ」を奪ってしまうのではないかと思うのですけど。

      --
      --暮らしの中に修行あり。
      新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        交雑を引き起こす原因がだいたい人間だからなあ。「自然の摂理です」とは言い難いな。

        • by Anonymous Coward

          自然の摂理が正しいと誰が決めた?
          #資本主義の世界では経済が潤う事が絶対の正義です

          • by Anonymous Coward

            自然に決まったんじゃない?

        • by Anonymous Coward

          人間は「自然の摂理」の範囲外なの?
          人間だって、少子化問題という自然の摂理によって数が減り始めていると思うのだが。

          • by Anonymous Coward

            ドジョウの件は「人間による自然破壊」と言えるんじゃないか?

            それに、少子化問題は生殖機能の減退じゃなくて経済的な問題(養育費)だろ?

            • by nim (10479) on 2018年05月26日 9時48分 (#3414563)

              しかし、人間の活動によって持ち込まれた種、というと、
              そもそもイネ自体がおそらくそれに当たるわけで。

              親コメント
            • by Anonymous Coward

              経済性というのは生存のための合理性であり、それは有性生殖においては十分な合理性であろう。
              ましてや、現状のような都市部での人口過密は生物的には好ましくない状況であり、この状況において、直接的、間接的に関わらず、人口を減らす方向の圧力がかかることは裏に何らかの必然性があると考えることも可能ではないか?今のところ論理的な裏付けはないのではあるが・・・。

          • by Anonymous Coward

            減っているのは日本人。インドでは人口まだ増えているのでは?

            • by Anonymous Coward

              日本人も絶滅危惧種か・・純血種を守らねば!!
              特定外来生物は勝手に飼ったり元の場所に放したりしてはいけないんでしたね、頃すしか無いようで。

          • by Anonymous Coward

            産めよ増やせよでそろそろ75億人突破しそうなんですが

        • by Anonymous Coward

          自然でだって新規に交雑が起こる事も。
          最近は海水温の変化で懸念されているものも有るよね。

      • by Anonymous Coward

        多様性が減ること自体が、自然破壊の一形態ですので。

        人間は神様ごっこができるほど偉大な存在にはなってない。

        >今のような「在来種純潔主義」が行き過ぎた状況は、却って生物の生存可能性や「強さ」を奪ってしまうのではないかと思うのですけど。

        なのでこれは的外れすぎだろう。
        それが強さだというのなら、人類が何もする前から交雑してたさ。

        • by Anonymous Coward

          交雑で純血種が減っているという話なので、雑種が増えることにより多様性は増していますよ。

          • by Anonymous Coward

            エントロピーが増大している、と言いたいのでは

      • by Anonymous Coward

        科学的に「正しい」かどうかを論じるにはその目的をハッキリさせなければいけない。
        環境保護の目的は様々あるだろうけど、具体的にやろうとしてる方向性は「現状維持」でしょう。
        なので交雑を排除するというのはその方向性には合致している。故に正しいと思います。
        # まぁ、植林とか積極的に介入する方向性もありますが。。。昔からの砂漠を緑化ってのはやってないかな?

        だいたい遺伝子プールレベルで生存可能性だの「強さ」だのいう場合は「DNA的にどれだけ
        離れたDNAグループが存在しているか」と言うことを指すので交雑して混ざったらダメじゃないですか。
        未知の危険性に備える際になるべく共通性を持たない、と言うことが保険なので。
        これは全滅をさけるという戦略で、みんなで勝つという戦略ではないのです。

        木を見て森を見ずというか、個体レベル考えてて種のレベルで考えられてないんじゃないかと。
        別にドジョウを個体レベルで強くしたいわけじゃないんですよ。そういうのは品種改良でやるんで。

        • by Anonymous Coward

          現状維持って科学とは真逆の発想のような…

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...