パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

11億年前の生物に由来する色素が見つかる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年07月12日 18時40分 (#3442246)

    昔はみ~んな藻というくくりだったんだけど
    調べれば調べるほどアレな話になっていったんだよな…
    昔藍藻と呼ばれてたシアノバクテリアは太古の地球に酸素を供給したわけだし
    珪藻は地上にイネ科植物が繁茂しその腐食からプラントオパールの珪酸が流れ出し
    これが海洋に蓄積し始めた頃に誕生したと見られている
    風が吹けば桶屋が儲かるの話で言えば
    風も桶屋も藻なんだよなあ…
    もう地球は藻の惑星ってことでいいんじゃないか?

    • by ziqqur (30564) on 2018年07月12日 21時58分 (#3442375)
      昔は光合成生物はすべて植物または藻類という分類になっていたようだけど、細胞内共生説が一般に認められるようになって生物の系統分類の観点からはかなりややこしいことになっているようです。
      シアノバクテリアの共生に端を発する葉緑体の誕生自体は一度しか起こらなかった。緑色植物、紅藻、灰色藻はその直接の子孫ということでアーケプラスチダという分類にまとめられています。
      それ以外の真核光合成生物は(真核)藻類が細胞内共生した結果生まれた二次共生という位置づけとなり、葉緑体の系統と宿主の系統を別々に考えなくてはならない。 褐藻や珪藻はストラメノパイルという分類となり宿主側の分類としては緑色植物などとは全然別のグループとなります。
      植物(または藻類)とは何ぞや、というと生物の系統分類の意味で従来の植物に一番近いのはアーケプラスチダ、褐藻はそこから外れてしまう。コンブやワカメが植物ではないんだというと日常感覚的には違和感があるけど現在の分類ではそういうことになってしまっているんだから仕方ない。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      モッ

    • by Anonymous Coward

      そうなの?

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...