パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2018年のノーベル物理学賞はレーザー物理学の分野で革新的な発明をした3氏が受賞」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    > 増幅後にパルスを圧縮することで、短波長かつ高強度なレーザー光を得る

    パルスが圧縮されると書いてあるように、あくまで圧縮されるのは
    パルス幅であって波長は変わらんのでは?

    • ざっくりみてて、 この解説 [titech.ac.jp]がわかりやすいですねー

       パルス幅伸張器は,ある角度を持って向かい合った2枚の回折格子で構成されてます。発振器からのレーザーパルスは, その性質上大きな周波数帯域を持ちます。このようなパルスが回折格子に入射すると,回折により波長別にわけられた 状態となります。そこで,回折格子を傾けて向かい合わせ,ある距離を置いて設置すれば,2つの回折格子の距離に応じて 波長別に光路差(=光の通る距

      • by Anonymous Coward

        いや、元コメの人はそんな単純な原理は分かったうえで「別に短波長にはなっていないよね?」と突っ込んでいるわけで。

        • by Anonymous Coward

          (装置内部での増幅の前にスペクトラム拡散をかけ、)増幅後にパルスを圧縮することで、短波長かつ(本来その装置の内部構造が耐えられるよりも)高強度なレーザー光を得る

          ということかな。解説がないとこの文だけじゃ分からんな。

          • by Anonymous Coward

            レーザー光の強さの波と光子の波がごっちゃになってるだけな気ぃする…
            インパルスレーザにすると光の波もインパルスになって白色光になるの?ならんやろ的違和感というか。

            光子の振動数自体は使うレーザ光のそれで、
            レーザ光の強度変化の波を波としてアレコレする話・・・じゃないの?専門外でよく分からんけど。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...