パスワードを忘れた? アカウント作成

ソユーズ宇宙船、打ち上げ失敗。宇宙飛行士は無事」記事へのコメント

  • おふとぴ (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward

    以前に、再突入の角度が浅すぎると大気に弾かれて地球に帰れなくなるという話を聞いて、ずっとそうなんだーと思っていたんですよ。
    で、最近になって、再突入するってことは軌道速度を割り込んでるんだから弾かれてもそのうち落ちてくるから帰れないってことはない。
    軌道速度を割り込んだ状態から帰れなくなるほど安定した高度が取れるんなら燃料節約できるってことでみんなやってる。
    と指摘されて愕然とした。

    • Re: (スコア:5, 参考になる)

      by Anonymous Coward

      地球に(安全に)帰れなくなる、が正しい。
      安全じゃ無い方法になる、ってことですねぇ。

      具体的には、揚力突入できずに弾道突入になって、高Gや高温に晒されることになる。

      ソユーズやアポロのカプセルは完全な球形ではなくて、底が平たい。
      この平たい面を傾けて大気に突入すると、揚力が得られます。
      揚力が得られると、ゆっくり時間を掛けて大気圏を降りてくることができる。Gや温度も抑えられます。

      ところが、この揚力突入ができる角度ってのが限られている。
      角度が浅くても深くても駄目です。
      その場合、「弾道突入」ってやり方にな

      • by Anonymous Coward

        "参考になる" 付いてるけど、弾道突入になって高G高温に曝されることになるのは進入角度が深すぎる場合の話。

        浅すぎる場合は地表に落下してこないですよ。

        • by Anonymous Coward on 2018年10月14日 0時07分 (#3497389)

          浅すぎる場合も問題あったように思うんだよな。落ちてこないのではなくて。
          大気で減速してるんだから地表に落ちては来るのだ。(地球周回軌道を想定)

          再突入の時間が長くなることで熱問題が出るんだったかな。
          大気で一度弾かれたあと急角度で突っ込むという話もあったかも。(←これは怪しい…。)
          ちょっと覚えてないんだけどね…。

          機体の設計や状況にも寄るとは思うのだけど、正常でないパターンで下りてくる場合は安全性が落ちるのは当たり前の話だね。

          • by Anonymous Coward

            #3496870のACです。

            浅すぎて一度飛び出したあとで再び落ちてくるのって、このページ [quantumhertz.com]の "'skips' on re-entry" のパターンだと思います。

            そのサイトによれば、
            ・着陸予定地と全く違う場所に落ちてくる
            ・一度目の突入で(本番ほどでないとはいえ)熱に曝された熱シールドが、二度目の突入で再度本格的に熱に曝されることになり、トータルでは熱に曝される時間が長くなるので、熱シールドが不具合を起こす危険が高まる
            という問題があるようですね。

            • by Anonymous Coward

              ごめんなさい、ちょっと間違えました。着陸地がズレるとか、熱シールドの使用時間が延びるので耐久性の問題が生じるとかは "Too shallow re-entry angle" に対応する説明ですね。これは大気圏外に飛び出ないまでも、進入角度が浅すぎてより長時間大気圏内を飛行する場合の話のようです。

              さらに浅すぎる場合は一旦飛び出してから再び大気圏に突入する('skips' on re-entry)と書かれていますが、これに対する問題は特に記述されてないですね。少なくとも上記と同じ問題が生じることは間違いないと思いますが。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...