パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京医科大学、出身校による入試の点数操作も行なっていた」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    平等って建前だったのなら受験料は返して当然だろうが、入学だの入社の基準なんてその組織の勝手じゃん
    公立じゃなくて私立大学だろ?
    実際、出身校で最初から希望者を区別してる企業やら、試験や面接やりつつも容姿を第一に先行してる企業なんかは昔からあるわけで

    • by Anonymous Coward

      本件に限って言えば、「医師」という法律で定められた資格があるからでしょう。

      医師国家試験を受けるには大学の医学部の卒業が必須(医師法第11条)である以上、
      その大学の入学試験に試験科目以外の点数があるとすれば、
      日本国憲法の「法の下の平等」に反する可能性があるためです。

      • by Anonymous Coward

        憲法で縛られるのは政府であって個人ではありません。
        ですので、大学が仮に恣意的な選抜をしていても法の下の平等に反するわけではありません。
        そもそも、担当者の恣意が入り込みやすい面接試験や推薦入試が認められてるのですから、
        道義的な責任はともかく、法的には何ら問題ないと思います。

        • by Anonymous Coward

          いや、本来の憲法はそうだろうけども
          日本国憲法は国民の三大義務とかなんとか
          国民自身をも縛る系の憲法なんですが、、、

          • by Anonymous Coward

            最近日本の憲法学者が憲法は国民を縛らないとか言っているようだが、普通に憲法って国民も縛る物だろ、というより国民を縛らない憲法の例を紹介してもらいたい。

            • 最近日本の憲法学者が憲法は国民を縛らないとか言っているようだが、普通に憲法って国民も縛る物だろ、というより国民を縛らない憲法の例を紹介してもらいたい。

              国民を縛るのは法律なのですよ
              憲法は国家を縛って国民の権利を擁護するもの

              • by Anonymous Coward

                だから実例を。

              • まとめ
                - ブロッキング合法化の不成立(検閲の禁止・通信の秘密の侵害禁止を尊重)
                - 旧オウム信者の信教・居住の自由を尊重

                最近の事例で思い浮かぶのは漫画村ブロッキングです。

                第二十一条
                集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
                検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

                用語的には、公権力(国家や自治体・警察等)が行うのが「検閲」、国民(民間企業や業界団体・PTA等)が行うのが「(自主)規制」でしょうか。

                検閲:ブリタニカ国際大百科事典 [kotobank.jp]
                公権力が,表現行為ないし表現物を検査し,不適当と判断する場合には発表を禁止すること。

              • by Anonymous Coward

                #3506064が言っているのは、XX国のXX年憲法が国民を縛っていないという具体例だ。
                実際に国民を縛る条項のある「日本国憲法」の一部条項の解釈ではない。
                「国民を縛るのは法律なのですよ 憲法は国家を縛って国民の権利を擁護するもの」というなら、ここに具体例が50ヶ国やそこらは並べられる筈。
                憲法制定に措いて日本の憲法学者の招いて指導を仰いだ例を聞いた事もない、日本の憲法学業界の「憲法は国家を縛って国民の権利を擁護するもの」が世界に通用する物ならば。

              • by bero (5057) on 2018年10月30日 19時43分 (#3507092) 日記

                世界の実例、
                ほんとは米国の3Dプリンタ銃の事例とか書いてたけど長くなったからカットしたんだよね
                ヒントは書いたつもりだから
                米国 違憲訴訟
                トランプ 違憲
                とかでググレカス

                実例出せっていうから出したんだけど、聞きたいのはソレじゃなくて
                「憲法は国家を縛って国民の権利を擁護するもの」という概念が、日本の憲法学業界独自か、世界に通用するか、みたいだね
                「世界の実例」とか「憲法学業界の」とか後出しされても最初の書き込みじゃわかんないよ
                ...
                調べるの3分もかからなかった。書く方が長い。
                再度、ググレカス
                まあ俺も参考になったからいいけど

                かつて(1215)イギリス国王が独断で税金あげたり徴兵したり無茶ブリしたので、貴族や市民がブチ切れて反乱、負けた国王に呑ませた条件が
                大憲章(マグナ・カルタ) [y-history.net]
                 勝手に税金決めずに俺らと相談(議会)して決めろ
                 法や裁判なしで勝手に逮捕・投獄すんな
                とかいろいろ。細かいのは世界史の分野かな。俺は選択取ってないから高校レベルで習うかどうかは知らん

                つまり
                「大憲章は国王を縛って貴族・市民の権利を擁護するもの」
                (この時代の「市民」は、商人とか金持ちの一部を指す。フランス「市民」革命参照)

                そこから、
                大憲章が一国のローカル法ではなく各国近代憲法のベースとなり、
                国家の権力者は血筋による国王から、国民から選挙で選ばれる大統領や首相とかに変わり、
                有権者は貴族・市民(金持ちのみ)から女性含む国民全員になり、

                「(近代)憲法は国家を縛って国民の権利を擁護するもの」

                日本憲法学業界ローカルどころか、世界史の常識みたいです。(このあと清教徒革命・フランス革命・アメリカ独立戦争等々につながるので)

                追記:
                広義の憲法、辞典的な意味の憲法 [kotobank.jp]だと、近代憲法の「国家権力から国民を守る」部分がないものも含むけど
                (用例:聖徳太子の十七条憲法)
                まあ現代の文脈で憲法つったら現代(近代)憲法を指すよね。
                北朝鮮とかには「近代憲法でない憲法」がまだあるのかもしれないけど

                親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...