パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

電動航空機に関する活動を進めるJAXA」記事へのコメント

  • > 二酸化炭素の排出量を削減するためには、従来の機体設計を大きく変えるか、次世代の新しい技術による推進系によって対応するしかありません。
    > ピュアエレクトリック方式
    > ジェット燃料を使用しないため、二酸化炭素は排出されません。

    燃料でジェットエンジンを動かすより、火力発電で発電してモーターを回す方が効率が良いとか、
    もっときちんとした記述に改めてもらいたい。

    • Re: (スコア:0, 参考になる)

      まぁ電池みたいな非効率なもんに電力を蓄えるピュアエレクトリック式は論外として(笑)、ターボプロップをシリーズハイブリッドにするとかなら若干効率は良くなるんじゃないかな。
      例えばターボプロップの熱効率は30%位で、推進効率は80%位、だもんで総合効率は24%位。
      シリーズハイブリッドのAPUの熱効率をコンバインドサイクル抜きのガスタービン式火力発電所のと同じ位として43%位、モータのいいヤツの効率が96%位で、推進効率をターボプロップと同じ位として80%位とすると総合効率は33%位になるよね。1.38倍も効率がいい、あるいは28%のCO2削減になる。

      ざっくりした計算だけど、これうまいこと行ったらいい感じなのでは?

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...