パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

はやぶさ2搭載のMINERVA-Ⅱ2、計画通りの運用が行えない可能性」記事へのコメント

  • 積み込む時点では動作検証は取れていたが、ロケットを発射台に設置して今更降ろせなくなってから動かなくなったってこと?

    それとも、積み込む時点ですでに漬物石状態だったが、予定されていた積載物を変えると重心の位置がずれたりして
    色々面倒になるので、とりあえず乗せておいたとか?

    • by Anonymous Coward

      質疑応答段階で組立前のモジュール段階では上手くいってたけど、物理的に組み上げて蓋を閉じた段階で不安定が見られた。 [youtube.com]
      との事なので恐らく積み込み前だと思います。
      仰る通り重心バランスとか何に影響が出るか不明なのでとりあえず積み込んだ形かと。

      • by Anonymous Coward on 2018年11月11日 16時41分 (#3513688)

        これで原因を突き止められないって、技術力に大いに疑問符がつくなぁ
        こういうトラブルがありがちなのは分かるんだけど、解決できないのは経験不足に由来しているじゃないかと危惧

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          大学側の経験不足って雰囲気ですねぇ。
          JAXA開発のローバーはうまく行ってるんで、宇宙機ならこうしなきゃダメだよ、みたいなノウハウがうまく伝授できなかったのかなと。

          • by Anonymous Coward

            組み上げて通電した段階で異常発生、内容はFPGAのコンフィグレーションがこけるというものとなると、本当にただネジ穴代わりのビアが変なところに繋がって大電流が流れてるとか、そんなような気もするけどな。
            で、もしそれが例えば特定大学の特定先生が御設計の部分ですとか、そこの何年生誰君が初めて作った基板ですとかいったことになると、これは言えないよなぁ。そういうある意味くだらないというか、地上の人命に関わることじゃないのかな。
            未検証の機体を飛ばしてしまう体制の問題なんだが、構造として既に個人名が出てしまう状態だと、成功したら個人が偉い動かなければ原因不明とせざるを得ないのかもしれない。

            • by Anonymous Coward on 2018年11月11日 19時20分 (#3513729)

              自分が仕事でやったチョンボだと、CADのViewの上下を勘違いしてコネクタのピンアサインを左右反転しちゃった事があったなぁ。自分の場合は大した損失じゃなかったけど、この不具合がそういうレベルのミスだとやらかした人は針の筵かな。

              親コメント
            • 固定穴のクリアランスの問題なら、樹脂ネジや絶縁ワッシャーでどうにかならなかったのかな。
              強度とかの問題が出るけど動かないよりかはまだマシかと。

              #困ったときはMAC8か廣杉計器のカタログを眺める

              親コメント
            • by Anonymous Coward on 2018年11月11日 21時23分 (#3513775)

              周りの影響考えずに高周波回路引き回したとか
              蓋閉めると動かない系だと、自己中毒アルアル
              通信系生きてるならネゴ時にゴニョゴニョして
              内部通信系のクロックおとすとか出来ないんかな

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                こういう装置ってEMC試験とかしないのかな
                机の上に広げてテストして動けば次のステップは積み込んで宇宙へgoできちゃうのかな

              • by Anonymous Coward

                日本の若手支援って後継者じゃなくお客様的支援で、お客様がやり方を知りませんって言ったら必須でも黙ってるようなケースが多いよね

              • by Anonymous Coward on 2018年11月12日 4時10分 (#3513845)

                納期が待ってくれないから間に合わなければ動かなくても積むしかない。

                けど、その段階で発表すべきことなのになんで投下・運用の直前まで引き伸ばして発表したんだか。
                打ち上げ前に2-2はキャンセルされウェイトとして運用することになりましたいうとけば淡々と始末できたのに、わざわざスキャンダルみたいな発表の仕方しちゃってまぁ……
                あの密告コメント見た時点で情報探したら、2-2が稼働すること前提の講演みたいなのがあったら、未完成なのを知っているはずの関係者が後で大恥なのわかってて講演なんぞするかと思ったんだが。
                打ち上げ前に未完成を発表しとけばいいものをわざわざ自分たちの傷をえぐる方向で誤魔化す神経が理解できん……

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                講演をやることに、なにか重要な意味があったのでは。知らんけど

              • by Anonymous Coward

                これは本当同意。打ち上げまでに間に合わなかったのはまあ仕方ないけど、発表は打ち上げ直後ぐらいにしてほしかった。

                幸い今回はスラドが盛り上がったぐらいで済んだけど、これが事前にすっぱ抜かれて変な報道のされ方されてたらと思うと恐ろしいわ。
                はやぶさ2に対して、世間もマスコミも現状好意的なんだから、別にこのレベルのトラブルで責められたりしなかったはず。
                変に発表を遅らせて、不信感を煽るようなことはしない方がいい。

                # 担当者的には「失敗を発表したくない」「宇宙に出たら治るかも」という一縷の希望に縋ってしまったのだと思うが。

              • by Anonymous Coward

                >「宇宙に出たら治るかも」という一縷の希望

                まあ、これでしょうなぁ・・・

              • http://iss.jaxa.jp/iss_faq/iss/iss_037.html [iss.jaxa.jp]

                ブレッドボード→エンジニアリングモデル→フライトモデルくらいはつくって振動熱その他もろもろやるプロセスはおおまかにきまっているはず。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                動画の38分30秒あたりで、復旧の可能性を探るためにEM品(エンジニアリングモデル)で試験してるって言ってるし、
                途中までは手順を踏んではいるようだけど、ねぇ・・・

                組み立てたら動かなくなったって事はEM品の段階で開発が止まってるはずでそっから先はどうしたのやら。
                衛星バスとの干渉で不具合を起こさないことだけ確認して(機能面を無視して)認定試験に放り込んだんだろうか。

            • by Anonymous Coward on 2018年11月11日 23時09分 (#3513809)

              実はFPGAに書き込むの忘れてましたテヘみたいなオチだったりして

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                そもそも「蓋を閉めたら動かなくなりました」レベルのものをよく搭載許可したよなぁ、と。
                なんかのはずみで動き出してはやぶさ2に支障がでたらどうするんだと。

        • by Anonymous Coward

          こういうのってどこが開発に携わってるの?まさか大学の学生だけというわけじゃないよね。

          • by Anonymous Coward on 2018年11月12日 10時06分 (#3513900)

            この件じゃないけど、他の所で大学衛星に携わったときには、全員学生だったよ。

            たまたま、県内で宇宙関連機器を製造している会社で普段組立に従事している人が臨時の聴講学生に来ていたそうなので、彼に手伝ってもらったって言ってました。
            基幹ソフトウエアを書いた人や、FPGAの設計をした人も、できる人がいない、ってなったタイミングで都合良く関連企業の社会人の方が聴講に来ていたらしく、彼らに手伝ってもらったそうです。。

            すごい偶然!これぞ運命ってやつですね!できる場合はこういう運命があるんですよ。
            今回、もしこういった偶然が起きなかったとしたら、それはネ申への祈りが足りなかったんだと思いますよ。

            親コメント
            • すいません、ネコには祈ってたんですけど。

              #画数が足りない。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                > ネコ
                 
                まさかvoi... 
                宇宙だけに...

              • by Anonymous Coward

                上のコメントはオブラートに包んでますが、祈る先は猫ではなくコネなんですよね。
                宇宙関連に限らず、普通は企業とのコネができて、その繋がりで経験ある人が寄ってきてくれたりします。
                大学の研究室だけだと、工学とか品質に関する知見が足りないものなので。
                大企業の共同研究者を確保しておくと、大企業からのコネで、経験ある取引先を紹介してもらったりも。

        • by Anonymous Coward

          確かに技術力も足りていない、というか情報共有してもらえてなかったというか収集できていなかったというか。
          それより、組み立てた後のテストをするという発想はなかったんだろうか。
          単体テストだけやって結合テスト以降を何もせずに本番投入って技術力以前にプロジェクト管理上の問題があるように思う。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...