パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学術論文出版社による反競争的行為の調査をEU競争総局に求める訴状が提出される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年11月13日 19時38分 (#3514869)

    研究の補助金の要件に、成果は無料で読める媒体に発表すること、って条件をつけるだけでよいのでは?

    • by Anonymous Coward on 2018年11月13日 21時25分 (#3514948)

      残念ながら、それは望ましい解決策ではない。
      というのも、そのような条件が最近はあるので、オープンアクセスのオプションがあって査読料にいくらか足すと
      オープンアクセスになります。
      そうするとその雑誌は更に評価があがり、原稿を集め、寡占がより進みます。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        論文のコンペをしているようなものなので、その雑誌は、コンペの場としては有力になるけど、雑誌はいらなくなるのでは。

    • by Anonymous Coward on 2018年11月13日 19時48分 (#3514879)

      EUなら、EU競争総局なら反競争的なビジネスに鉄槌を下してくれる
      この調子でEU域内にはびこる反競争的なビジネスを徹底的に潰し、公平で公正な社会を作って欲しい

      TPP加盟国は少し離れたところから見守っている位がちょうどいいかな?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        日本でも率先してやるべきでしょ。

      • by Anonymous Coward

        ただの非関税障壁だろ

    • by Anonymous Coward on 2018年11月13日 19時57分 (#3514888)

      arXivとか大学のリポジトリがそれに相当するけど、雑誌によっては著者版を置くことを禁じている雑誌もあるからなぁ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「そういう規則を設けた論文誌は補助金を受けた研究を一切掲載できなくなる」というのが圧力が生じる。
        研究者が金欠にあえいでいるというのなら、補助金のためにそういう論文誌をある程度切り捨てる事が期待できる。

        そこまでいければ論文誌が方向転換するか、
        研究者からより搾り取る(より絞れる研究者だけを相手にする)方向を加速するかは論文誌次第。
        ・・・でも、疑似科学的な詐欺を働いてる偽研究者程金持ってそうなんだよね・・・
        そういう事するのは一定以上の「権威ある論文誌」だろうから、
        「権威ある論文誌」がこぞって疑似科学的な詐欺を働いてる偽研究者から金をもらう構造になったりすると地獄だなぁ・・・

        • by Anonymous Coward

          論文誌がムーとかTOCANAになっちゃう...いや、ムーやTOCANAのほうが誠実か

    • by Anonymous Coward

      米国NIHグラントはすでにそうなってるよ

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...