パスワードを忘れた? アカウント作成

遺伝子検査で厳選した牛から搾乳した「おなかに優しい牛乳」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    >牛乳の苦手な方でも飲める場合があると言われています。

    NZでも最近売り出していて「違いを感じてください」とキャッチコピーで言ってるが、
    みんな表現が遠回しすぎ。

    • by Anonymous Coward

      つまり効果がないってことでしょう。
      体験談で売る系のやつ。

      • by Anonymous Coward on 2019年01月11日 10時56分 (#3546643)

        このストーリーのやつは、効果範囲が狭いってだけで、
        効果範囲の人には普通に効果あるんじゃね?
        具体的には、乳糖耐性はあるけどお腹が弱くて、
        牛乳でお腹がゆるくなるような人。
        乳糖耐性が無いか弱いからお腹がゆるくなる人
        (牛乳駄目な人の大多数はこれな気がする)やアレルギーには効果がない。

        恩恵ある人がどのくらいいるかは分からないが、
        恩恵を受ける人が一定数居るのであれば商品としてはアリ。
        ただ、需要がニッチであることが強調されてしまうと、
        入手性や価格の問題でそのニッチな需要家にも供給できなくなる。
        て考えると効果範囲外の人が無駄でも付加価値付き製品を買うのは、
        ユニバーサルサービス的な意義が見出だせる。
        嘘や過大な表現は宜しくないが、広く売る姿勢自体はそこまで批判するものでも無いと思う。

        #他にも腹下し要因が残ってて「乳糖耐性はあるけどお腹が弱くて、牛乳でお腹がゆるくなるような人」の更に極々一部にしか効果がないとかであれば論外だが。
        #そこまでニッチならアレルギーの人と一緒に牛乳避けてもらう方が話が早い。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...