パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ストラトローンチ・システムズの巨大航空機が初飛行に成功」記事へのコメント

  • ペガサスXLは中古のトライスターで用が足りてるのに、こんなでかい飛行機で持ち上げる必要あるのん?
    あとペガサスXLは受注がなくて2年以上打ち上げがないし。みんな同じノースロップ・グラマンでもミノタウロとか使ってるじゃん。
    同時に開発してたロケットとセットでのモデル351ロックでしょう?お先真っ暗だよ。

    • by Anonymous Coward

      ペイロードをデカくしたロケットを打ち上げるにであれば大型化は避けられないので意味はわかりますよ
      これの利点は上空の天候を気にしなくていいし地上発射型と比べて同じペイロードなら小型なロケットで行けることだったけど
      まぁ費用が嵩んでしまった時点でダメでしょうな

      • 実績を見て考えると、より延期に対して頑健なはずのNGIS(Orbital) PegasusよりFalcon 9の方がよっぽど予定通りに打ち上がってるんですよね……

        • by Anonymous Coward

          Falconはなんだかんだで堅実に技術開発してますからねぇ
          ストラトスもボーイング魔改造なんてしないでロシアのAn-225を魔改造してくれた方がロマンがあったな

          • by Anonymous Coward

            >ストラトスもボーイング魔改造なんてしないでロシアのAn-225を魔改造してくれた方がロマンがあったな

            あれなら頭上に抱えたまま発射できる機能だけ付ければ良いのじゃ?
            まあ輸送のお仕事で手一杯みたいだからそんな危険な用途には貸してくれないとは思うけど。

            • 天面搭載の空中発射型って、子機の揚抗比がすごく低くて母機天面の気流は速いですよね? 切り離した瞬間に子機が母機に吸い寄せられて諸共墜落する事故が起こりやすいんですよ。なので母機がすごい勢いで機首を下げながら子機の滑空経路の下方向に逃げながら切り離したりするんですが、当然高度もすごい勢いで落ちるわけで、はて、空中発射する意味はなんじゃったかのう、と……

              下面から投下するなら、子機は万一にも母機に当たらないよう十分に高度が落ちるまで待ってから推進器に点火すれば安全でもっと簡単です。よかったですね。いや、やっぱり、空中発射する意味はなんじゃったかのう、という疑問が……

              ……どうやっても空気力学とか特殊仕様の母機のコストでチリツモ式に予算大爆発が起きちゃって、一段タンク上に伸ばして推進剤積み増したら? 原油ってそこまで高かったっけ? という疑問に目が合わせられない結果に収まっちゃうんですよね。

              • by Anonymous Coward on 2019年04月17日 22時02分 (#3601108)

                原油で打ち上げるわけではないしロケットの積み増しは加速度的に大型化してしまうし、
                落ちると言っても地表近くまで落ちるわけでもないし、ちょっと言い過ぎでは。
                まぁいろいろ課題が多いってーのは分かるけどさ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                全てにおいて空中発射の方が面倒が大きいってのが。
                対しての利点なんて打ち上げ時の天候容認度が高い程度。
                でも大抵の物は「それなら発射延期」ってので事足りてしまう訳で。

              • by 90 (35300) on 2019年04月18日 13時11分 (#3601507) 日記

                Pegasusが小雨より悪い気象条件で飛んだ実績ってありましたっけ? サターンV型は暴風雨で落雷を受けながら月まで上がっていったことがありましたけど……

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                まあ国家の威信を掛けたプロパガンダにでも加担して絶対実施が求められていなければ、
                ちょっと条件が悪化したら打ち上げ実施を延期するだけの話ですよね。

                「必要な成功率が確保できている」って事よりも、「成功率自体が下がるリスクを取る必要性なんかない」って事で。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...