パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ」記事へのコメント

  • > 一昔前に流行ったプラスチック製紙幣(今の流行はキャッシュレス決済)に、意識の高い偉い様が環境に優しい生分解性プラスチック使用を命じたとすれば……。

    だとしても、壊れたら交換すりゃいいだけの話なんだな。
    紙幣はもともとある程度使われたら傷んで交換されるものだ。

    新札のまま使ってないタンス預金が粉々になっただと?使えって言ってるんだよ。

    • by Anonymous Coward on 2019年05月15日 21時28分 (#3615275)

      >壊れたら交換すりゃいいだけの話なんだな。
      そのためには3分の2以上だか残ってなくちゃいけなくて、それ以下になる「分解でボロボロ」じゃだめじゃん。

      お札は燃やした灰からでも交換してくれるというのに、こいつの破片はおそらく
      そういう用途は想定されてない。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        3分の2以上残っていなければいけないのは全額交換する場合。半分ぐらいだと半額。
        燃やした灰から交換する場合は量的に妥当と思われる額で全額ではない。
        そういう条件でいいなら、分解でボロボロでも同様に交換してもらえるでしょ。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...