パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

気象庁が発表する台風の進路予報円、精度向上で半径を平均20%縮小」記事へのコメント

  • >予報円の半径をこれまでよりも平均して約20%小さくすることができます

    面積で換算すると64%、かなりデカイ(この場合は小さいか)なぁ

    • by Anonymous Coward

      ただし、かなりの高確率(30%)で予測範囲を外れます。

      • 標準偏差に従うと仮定した場合、予測円半径を2倍にすれば96%くらいの確率で予測が合います。
        これは十分な低確率とみなして良いでしょう。
        従来の予測円半径をRとして、新方式で96%の確率で予測が合う半径は1.13Rですね。

        精度向上を伴っても予測円の長さを変更しなかった場合、従来70%の的中確率が90%程度まで上げられます。
        90%でもまだまだ高確率と言われると、返す言葉もありませんが、、、、、

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...