パスワードを忘れた? アカウント作成

米国、電子タバコ使用に関連する可能性のある肺疾患の症例が10日間で倍増」記事へのコメント

  •  麻薬を摂取するための道具をいくら統計的に調べても意味がない。注射器を非難しているようなものだ。
     電子タバコのカートンであろうと中身が麻薬なら非合法。野良販売を治安組織が取り締まらないことには何も始まらないだろ。
     大手メーカーの販売するリキッドは届け出制にして成分検査と結果の公開を義務付けて、届け出のないリキッド販売はタバコ同様に違法品として取り締まるべきだ。

     それさえできれば副流煙の出る紙巻きタバコよりは社会的に見て害の少ないタバコになるはず。

    • by Anonymous Coward

      > 検査した5人の患者すべてがリポイド肺炎を発症していたそうだ。リポイド肺炎は油脂や脂質が肺に入ると発症する可能性のある非感染性の肺炎

      電子タバコのベースリキッドは、プロピレングリコールとグリセリンの1:1混合液。つまり、油脂や脂質が100パーセント。
      お分かりかな?

      • by Anonymous Coward on 2019年09月11日 17時19分 (#3684360)

        典型的なリポイド肺炎は、火吹きショーをするファイヤイーターと呼ばれる人達が、口腔に残っていた液状パラフィンを肺に吸い込んだ時に起きるらしい。

        特徴は油脂を取り込んだマクロファージ(白血球の一種)が見られること。そこにリンパ球や好中球が誘導され分解酵素や酸化剤が放出されて肺がやられてしまう。

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...