パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

普段行かないような場所を乱数発生器で目的地として設定し探検する「ランドノート」」記事へのコメント

  • 「決定論から脱線せよ」と言っても擬似乱数である以上・・・と思っていたが
    量子乱数発生による真性乱数というのがあるんですね

    *個人的には量子の解釈も決定論だと信じているのですがね

    • by Anonymous Coward

      決定論に従う系でも初期値がわずかに異なるだけで後々の結果を推測できない系がありますね、カオスというやつ。

      乱数の質なんて気にしなくても、どこかに避けられないわずかな誤差があれば、予測のつかない処へ向かって進むことができます。

      もし毎回 1.0000000 からスタートできるなら必ず同じ結果だけれど、1.0000001 からスタートした場合どこへ落ち着くか行ってみるまで判らない。

      • by Anonymous Coward on 2019年10月04日 17時47分 (#3696344)

        >1.0000001 からスタートした場合どこへ落ち着くか行ってみるまで判らない。
        予測できる人はいるかもしれませんよ、
        ないしは「人間には」予測できなくても行き着く先は1.0000001が決まった時点ですでに決定している。
        もっと言えば1.0000001になることもあらかじめ決まっていたことかもしれない

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ラプラスの悪魔かよ何年遅れてるんや

          • by Anonymous Coward

            悪魔ってポニーテールの女か?
            恥ずかしいこと言わされたぞ

          • by Anonymous Coward

            ラプラスの悪魔の否定要素ってどこ?
            よく言われているけど、現世界がそうなっていないとか人間にはどれだけ頑張っても無理ということぐらいしか分からない。

        • by Anonymous Coward

          式の上で、行き着く先は1.0000001が決まった時点ですでに決定しています。
          一度 1.0000001 の行き着く先を確かめれば、次に 1.0000001 を選んだ時に行きつく先を告げることができます。でも 1.0000001 を狙っても、誤差のために 1.00000010000001 なってしまえば、一度行って見ないと判らない。それがカオスです。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...