パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

37番目の新血液型「KANNO」が日本で発見される」記事へのコメント

  • 同じA型でもKANNO(+)とKANNO(-)の血を混ぜると固まるということは、輸血時に問題が出るかもしれないのか。

    >(-)は極めてまれなため、輸血を伴うような手術を計画する場合、あらかじめ自分の血液を採っておいて輸血に備えないといけない場合もあるという。

    逆に言うと今まで理由がわからないが輸血の結果死亡していた患者がKANNO(-)で死亡したのは+の血を輸血したのが原因だった、ということもじつはあったのかな?

    • by Anonymous Coward

      プレスリリースに
      >1991年に福島県立医科大学附属病院で採られた血液が、既知の血液型とは異なる輸血不適合性を示し、暫定的にKANNO抗原を持たない血液としてKANNO(–)型と命名されました。
      >その後、同型による輸血不適合性は日本国内で十数例報告されましたが、この血液型を作るKANNO抗原の本体については不明のままでした。
      >これらの方以外はKANNO 抗原を持ち、KANNO(+)型とよびます。
      とあるので輸血前の適合検査で弾かれてるんじゃないの?

      • by Anonymous Coward

        輸血って既存の36種類の抗原を全部チェックしてるんだろうか。

        • Re: (スコア:2, 参考になる)

          by Anonymous Coward

          やるよ。ただ個々の抗原に対して1個づつ解析するんじゃなくて
          患者の血液と輸血用の血液を試験管の中で、色々なパターンで混合してまとめて調べる。

          • Re: (スコア:3, 興味深い)

            スーパードクターKに検査シーンありました。
            Kの息子に輸血しようとしたら試験管の中で血液が凝固。
            急いで貴重血液を探さないと!って展開。

            --
            TomOne

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...