パスワードを忘れた? アカウント作成

近畿大学、ニホンウナギの人工ふ化と50日間の飼育に成功」記事へのコメント

  • 鰻稚魚は単価を天然よりもかなり高くできるはずなので、飼育が順調にできさえすれば採算性はシビアではないと思う。

    稚魚の出荷を夏にできればベスト。

    シラスウナギは年末までが値段が高く、春になるとうんと値段が下がる。
    これは、土用丑の日で出荷できるかがポイント。
    養殖場は年末に稚魚を入手できれば、ハウスで加温して土用の丑の日までに出荷サイズに育てられる。
    春に入手となると、土用の丑の日向けの出荷を狙うには、池のロットが2年分必要になってしまうため、生産量が半分になる。
    (今は入手難だから、季節が下っても高いだろうけど)

    土用の丑の日が終わった夏に稚魚が手に入れば、ハウスでの加温コストがかからない時期にスタートダッシュで成長させ、1年かけて育てるゆとりから冬の加温コストを抑制できて、池は1年分だけ使用するので池をフル活用できる。

    今はウナギが入手難で高いから、夏なら1500円/尾くらいでも売れるんじゃないかな。

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...