パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星の厳しい放射線環境を軽視する風潮に対する批判」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    思ったより小さい。まともに法を守って雇用して、とやろうとすると引っかかるからどうしようね、と言うだけで、大きな問題は無さそう。

    大自然の中でエクストリームな冒険生活を送ってるそういう人生が大好きな方々とかを「正しい健康診断」なんかかに放り込んだらもっとえらいことになるだろうし。

    • by Anonymous Coward

      >宇宙飛行士が火星の表面で浴びる1日の放射線量は0.7ミリシーベルトです。
      >もちろんこれでも非常に多いのですがこれはISSの人々が毎日浴びている放射線量と同等です。
      https://logmi.jp/business/articles/120132 [logmi.jp]

      ISSの人がいけてるんだから覚悟決めたらいけるレベルかもな。

      • Re: (スコア:2, 興味深い)

        by Anonymous Coward

        JAXAの定める宇宙飛行士の生涯線量というのがあって
        一番リスクの低い人(初めて宇宙に行ったのが45歳以上の男性)で1.0Sv、一番ハイリスクな人(初めて宇宙に行ったのが27~30歳の女性)で0.5Sv以上浴びてはいけないことになっている。
        http://iss.jaxa.jp/med/research/radiation/ [iss.jaxa.jp]

        0.7mSv/dayなら累積1.0Sv浴びていい人でも4年弱(0.5Svなら2年弱)宇宙での活動ができなくなるけど、
        火星に行ったっきりの人はそれ以上浴びることになる。

        まあ確実に影響が出るのは短時間に250mSv以上浴びた場合で、あとは確率的に致死性の癌や遺伝子異常が発生するだけなので
        個人としては無視できないリスクでも種として存続できるなら問題ないとするなら住めないことはない

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...