パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

検疫終了後の感染確認続々と」記事へのコメント

  • 職員を検査して陽性だったら仕事できなくなるから、検査をするな。
    といわれてたという噂が出てたけど。
    なんぼなんでもそこまでアホやないやろね。

    またクルーズ船で業務した国の職員など4人が陽性になっているが、業務した厚労省職員少なくとも90人の多くが発熱などの症状が無かったのでウイルス検査せず職場復帰しているという(NHK)。

    清潔ルートの話みてたら、素人寄せ集めて限られたリソースでがんばってたんかなと思ってしまった。

    • 「マニュアルなく試行錯誤」 船内の検体採取、困難連続―DMAT医師・新型肺炎 [jiji.com]

      感染症の専門家以外の医者や医官は感染症対策についてはかなり素人なんじゃないか。マニュアル人間ていうかね。
      そもそもこういうオペレーションは軍事行動そのものなんだよなあ。

      • マニュアル無しでは厳しいんじゃないかな。

        米国でも1989年のレストン事件までマニュアル無かったそうですよ。
        マニュアルには、訓練、研究所設備の見直し、物資の蓄積、情報と検体収集、各組織の連携協定などを含んでたようです。
        厚労省のサイトにレストン事件リスク評価報告ありますが、今回の件では役に立ててなさそうで残念です。

        マニュアル無もなく手探りでクルーズ船で現場作業した方々の勇気はすごいと思います。

        • by Anonymous Coward

          勇気とかいう言葉で美談風に持ってこうとするのキモいからやめなよ
          結果失敗してんだし追及すべきだろ
          和を乱すなとかほんと糞

          • 勇気ダメですか、なら職業的倫理感と日頃の訓練の賜物ということですかね。
            未知の病気が流行った船内で活動できたのは、消防や自衛隊の人がメンタル鍛えてるからだと思います。

            肺がグズグズの繊維状になって窒息する病気に感染したくないだろうし怖いでしょう。
            酸素吸入と人工心肺を使った対症療法で延命は可能らしいが積極的に乗船したくない。

            厚労省の混乱ぶりと比較すると日頃の訓練と準備がここ一番での行動に影響を与えることがわかります。

            • by Anonymous Coward

              特攻と同じじゃね。・・・勇気もクソもないか。

              • 確かに無謀か蛮勇といえますね。
                「感染力が弱い」とか「若い人は重症化せず回復する」とか嘘がいくつも判明しましたが、対処に当たった時点では嘘を信じてしまったのかも。今も?

                1月に台湾メディアで、空気感染でしか説明できない症例があると報道されてました。
                2月になって中国政府が、エアロゾル感染の可能性ありと、渋々発表をしています。
                2月になっても厚労省はあいまいな説明(濃厚接触)してる上、渡航歴無し感染ルート不明の患者がいると言ってます。
                空気感染を認めるしかなさそうですが、どうなんでしょうね。

              • by Anonymous Coward on 2020年02月25日 13時49分 (#3768026)

                エアロゾル感染と空気感染を混同しちゃだめでしょ。

                飛沫感染: 直接対面しなけりゃ大丈夫
                エアロゾル感染: 同じ部屋だと(空間的にも時間的にも)離れれても危ない
                空気感染: 隣の部屋でも危ない

                エアロゾル感染の代表例はノロかな。

                親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...