パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASA、月の表土や石の価格見積を民間企業から公募」記事へのコメント

  • だってここにルナエンバシーの発行した土地の権利書が

    • by Anonymous Coward

      本当に問題になるかもね、アレ。

      • by Anonymous Coward

        宇宙条約では
        「天体を含む宇宙空間に対しては、いずれの国家も領有権を主張することはできない。」
        となっているので月の土地の権利書は無効になるかと。

        ただ所詮は地球人類が勝手に決めたことなので、惑星の後継者を名乗って占拠することはできるかもしれない。
        むしろそれをやってみてほしいし地球に隕石を落として地球の重力に魂を縛られた人々を粛清してほしい。

        • by Anonymous Coward on 2020年09月13日 14時33分 (#3888323)

          その条約は国家が主張できないだけなんで企業や個人に関しては問題ないと思いますよ。
          憲法が国家の行動を制約するが国民の行動を制約できないのと同じこと。
          まあどっちみち権利書の効力はゼロだとは思うけど。

          親コメント

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...