パスワードを忘れた? アカウント作成

EMドライブの推力は誤検出によるもの。ドレスデン工科大学」記事へのコメント

  • 推力なるような構造にはできる見込みはないということなんかね?

    • by Anonymous Coward on 2021年04月05日 16時46分 (#4006938)

      EM ドライブが有望視されていたのは、エネルギー損失なしに推力を得られる、という点
      そこが崩れて熱膨張なり従来の物理学で説明されるのであれば、別のエンジンの方が有力になってしまう

      • by Anonymous Coward

        EMドライブの画期的だった点は推進剤なしの純電気推進なところではないですか?
        もし実用化できれば(特に静止)衛星の寿命が飛躍的に伸ばせた。

        • by Anonymous Coward on 2021年04月05日 17時01分 (#4006953)

          いえ、純電気推進なだけあればここまで問題にはならなかったです
          EM ドライブが画期的というか問題視されているのは、例えばその電子を船外に放出しているなら反作用で推進するのはわかるのですが、船外に放出せず推力を得るという点です
          つまり従来の物理学(ニュートン力学の第三法則:作用反作用)に反している

          • by Anonymous Coward

            でも相対論を考えに入れれば従来の物理学でも説明できるっていう話もある。

            • by Anonymous Coward

              もしくは熱膨張による誤検出を考えに入れればただの考えすぎっていう説が最有力

              • by Anonymous Coward

                エヴァのマグマダイバー?の話(と当時のアニパロネタ)のせいで
                熱膨張というと女子のおっぱいと男子のちんこがでかくなる話かと

        • てことは対生成した電子・陽電子ペアに逆方向の運動を与えて(エネルギー投入)、一方のみから反作用を得るならばアリなのか?
          というかすでにSF作品にあるに違いない。
          # 全くの反対方向へ反作用を得ようとすると生成部に戻って良くないので角度重要なのか…

          • by Anonymous Coward

            ははぁ、エネルギーで推進剤を作るってことですか。
            それを応用して、蒸発するブラックホールで推進するのもありですしょうか。

            • by Anonymous Coward

              縮退炉とか名前が付いてたりしますが、ブラックホールを利用した推進方法はSFの定番。

          • by Anonymous Coward

            > てことは対生成した電子・陽電子ペアに逆方向の運動を与えて(エネルギー投入)、一方のみから反作用を得るならばアリなのか?

            そんなの無理ですよ。AくんとBくんの二人でボートに乗って、AくんがBくんを殴っても、船は進みません。

            • by Anonymous Coward

              A君とB君が同じ方向に飛び込めば、反動でボートは反対方向に進むし、
              対生成をコントロールできるなら、エネルギーをもとにA君とB君を生成できるでしょ

              • by Anonymous Coward

                そのA君とB君は、何人目ですか?

              • by Anonymous Coward

                A君とB君を(ボート外に)飛び込ませなくても推進できるというのがEmDriveの主張なんだが。飛び込ませれば推進できるなんてことは言われるまでもなくわかりきってるよ

              • by Anonymous Coward

                残念ながら#4007156はそのわかりきったことを理解できていないようだ

          • by Anonymous Coward

            別に粒子、反粒子を対生成させなくてもそのエネルギーを使って光を一方向に放出すればいいんじゃない?
            要するに光子ロケットなんですけどね。

            • by Anonymous Coward

              だから放出すれば推進できるなんて当たり前のことはどうでもいいの

        • by Anonymous Coward

          地球の周りの衛星なら、地磁気を利用したローレンツ力で推進できないものか。

          • 姿勢制御程度なら磁気トルカ [wikipedia.org]というものが実用化されていますよ。

          • by Anonymous Coward

            それは確かマグセイル(磁気帆)で検討されていたはず。
            自分が1995年ごろに読んだ本では、帆の小型化や磁界の強化が果たせれば、地磁気を利用して徐々に軌道を上昇させることも出来るとありました。
            まあ例によってそんな帆をどうやって実現するんだというのが課題なわけですが。

            そしてEMドライブは2001年発表らしいので、特にこのアイデアにEMドライブの知見が生きてるわけでも無いです…。

            • by Anonymous Coward

              磁界の強化…
              地球の内部をもっと、ぎゅるんぎゅるん回せということか。

          • by Anonymous Coward

            推進でなく寿命切れの衛星の落とし方では話題に上がっていた様な。

      • by Anonymous Coward

        エネルギー損失なしに推力(エネルギー)を取り出せるとか、流石に無茶やろ……

        • by Anonymous Coward on 2021年04月05日 18時58分 (#4007058)

          エネルギー損失なしってことじゃなくて、電力さえ供給すればずっと加速できる、って話だよ。
          普通は作用反作用でしか動かないから推進剤がいるわけ、ロケット燃料にしろイオンエンジンのキセノンにしろ、
          燃料無くなったら終わりなわけ。
          でも、電力だけなら太陽電池パネルみたいなもので加速できるので、画期的なんだよ。

          • by Anonymous Coward

            太陽電池パネル頼みじゃ恒星間飛行には使えないのでは。太陽系内程度の「わずかな」距離では本当に存在したとしてもさすがに推力が小さすぎる

            • by Anonymous Coward

              高星間空間でのへぼな光量でもちょびっと電気が起こせる
              そのちょびっとの電気でもささやかながら運動量に変換できそう、
              ってのがEMドライブのいいところ
              ほんの少しでも加速できれば10万年も飛んでいれば大きな速度になるから

            • by Anonymous Coward

              恒星から離れたら使えないソーラーセール船でも、恒星間航行の選択肢の一つではあります。
              加速力やその持続力よりも、とにかく「余分な質量を積まなくていい」「それでいて、航行中にある程度あっちにもこっちにも推進力を振れる」なら選択肢に上がるのが恒星間飛行。
              必ずしも「人が生きてる間に他星系に到達できる」とかいう条件はないので。(人が、というか、人類が、というか)

              ただの慣性飛行だと最初の狙いが外れたらおしまいですが、充電池と推進器があれば(仮に恒星の近所のみだったとしても)推進剤がなくとも進行方向の制御が可能なら、恒星を避けたり恒星系で軌道に乗ったりできる、というのが大事なので。

      • by Anonymous Coward

        EM ドライブが有望視されていたのは、エネルギー損失なしに推力を得られる、という点
        そこが崩れて熱膨張なり従来の物理学で説明されるのであれば、別のエンジンの方が有力になってしまう

        なるほど
        エネルギーもったいない駆動になってしまうということか
        まさにEMドライブですね

      • by Anonymous Coward

        エネルギー損失の問題とするのは語弊がある。EMドライブの目的は運動量を得ることだから、その過程でのエネルギー損失にはとやかく言わない。

        例えば、船や飛行機はエネルギーを費やして運動量を得ることができる。でもそれは周りの水や空気に逆方向の運動量を与えることで得ているわけであって、スクリューやジェットは外部の系と独立して働かせることはできない。周りに物質が大量にあればそれでもいいが、宇宙旅行するときはかき分ける水や空気が存在しないから、最初に積んでおいた物質(推進剤)を放出しないと動けない。

        でも、EMドライブは宇宙空間に満たされたエーテルだか暗黒物質だかに作用して、エネルギーを使うだけで(見かけ上の)運動量保存則を破って運動量を得ることができる。つまり、太陽電池さえあれば、無補給で太陽系内を自由自在に移動できる。ま、悪魔の証明だから、エーテルのようなものがないことは断言できないし、暗黒物質はどこかにあるんだろうけど、それを利用するような推進機構は作れそうにない。

        • by Anonymous Coward

          エーテルじゃなくてウンルー効果とかそういうので真空を"押し"て進めないかな?って話かと

      • by Anonymous Coward

        運動量保存則と、エネルギー保存則は演繹的に繋がってるので。
        もし運動慮保存則が成り立たないなら、エネルギーの保存則も成り立たない可能性がある。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...