パスワードを忘れた? アカウント作成

治療費1回5000万円のCAR-T細胞療法が高い理由」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    これだけ読むと、規制が主因的な論調ですが・・・

    GMP準拠は医薬品として当然。
    コロナワクチンだって、同様の規制のもとで生産してるでしょ。
    設備のランニングコストは半導体業界だって似たような設備を使ってるし、
    だからといって高額というわけではない。

    カスタムメイドで煩雑な手作業が必要。
    生産量がそれほど多いわけでもない。
    だから、設備投資やランニングコストが大きく乗ってくる。
    自動化できるようになればもう少し安くできると思うけれど、
    革新的な生産方法が見つかるまでは劇安にはできないでしょう。

    という、普通の経済学的なお話だとおもう。

    • by Anonymous Coward

      院内でバイオハザード対策用キャビネット内で複雑な作業工程が必要。

      そこらの店舗にまで半導体製造設備なんてないだろ?設備費用を集中させるために工場があるんだよ。

      • by Anonymous Coward on 2021年09月15日 10時23分 (#4112969)

        まあなのでセンターキッチンみたいに工場で下準備できる、他家細胞を使った再生医療とか研究されてるんですけどね。
        目薬のロートとかも取り組んでるし、普及価格帯になることを望みます。

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...